ポートフォリオサイトをWordPressで作る!必須のプラグイン3選

ポートフォリオサイトは、クリエイティブ関連の仕事をしているなら重要なサイトです。

自分の実績を示すツールなので、就職や転職、案件獲得に欠かせません。

WordPressを使うとオリジナリティ溢れるポートフォリオサイトを作成できます。

この記事では、

  • ポートフォリオサイトとは何か?
  • WordPressで作るメリット
  • ポートフォリオサイトにおすすめのWordPressプラグイン3選

について解説します。

【参考】Canvaとは?バナー外注不要に?無料で使えるデザインツール

 

ポートフォリオサイト

 

ポートフォリオサイトとは

ポートフォリオサイトとは、主にクリエイティブ領域で働くプロフェッショナルが、自身の制作物や実績をアピールするためのサイトです。

実績が豊富な人だけではありません。

駆け出しでも「こういうものが作れます」というイメージを見せることができます。

そこから、仕事に繋げることが可能になるでしょう。

Web上に常時表示されているので、営業だけでなくWebからの集客にも役立ちます。

Webデザイナー、Webサイトの運営者など、ポートフォリオサイトの存在自体が重要な場合も珍しくありません。

クリエイティブ関連の仕事をしている人なら名刺代わりにもなるサイトです。

【参考】Table of Contents Plusとは?Wordpressに目次を簡単に追加

 

WordPressでポートフォリオサイトを作るメリット

次に、WordPressでポートフォリオサイトを作るメリットをご紹介します。

 

1. 細部までこだわれる自由度の高さ

他のサイト作成ツールや、プラットフォームだと、似たような見た目になりがち。

独自性が無くなってしまうので、逆に、営業や集客において不利になる可能性もあるでしょう。

しかし、WordPressを使えばプラグインやテーマ、フォントを自由に設定できます。

見た目を細部までこだわることが可能になるのです。

自分がアピールしたいことをうまく伝えることができるサイトになるでしょう。

 

2. SEO対策しやすい

ポートフォリオサイトは、集客に活きてこそ制作した意味があります。

WordPressのプラグインを導入すれば、SEO対策がしやすくなります。

また、メールアドレスの取得など、様々な集客ツールの導入も可能になります。

 

3. WordPress関連の案件にアピールできる

今や、多くの企業がWordPressを使ってホームページやオウンドメディアを作る時代。

そのため、ポートフォリオサイト自体をアピールすることで、WordPressの制作案件やサポートの仕事も受けることができます。

収益増加や多様な実績獲得に繋げることが可能です。

自分のメインスキルとWordPressスキルの両方をアピールして、案件獲得繋げられます。

 

デメリットはある?

多くのメリットがありますが、無視できないデメリットもあります。

何より、WordPressは比較的簡単なツールですが、制作や設定には時間がかかるもの。

操作方法やプラグインに関する情報収集や勉強も必要になります。

そのため、イラストレーターやデザイナーなど、WordPressが直接関与しにくい場合は、最初に大きな手間がかかってしまうのが難点。

より簡単なホームページ制作ツールを使った方が手っ取り早い、ということはあるでしょう。

【参考】WordPressとAmebaOwnd!それぞれの特徴を比較

 

ポートフォリオサイトには何が必要?

次に、ポートフォリオサイトに必要な機能について解説しましょう。

ポートフォリオサイトには、ネットショップや会員サイトのような複雑な仕組みやツールは必要ありません。

作品をしっかりと表示する機能と管理する機能があれば充分と言えるでしょう。

極端な話、最初はWordPress記事に画像を張り付けるだけでも充分ポートフォリオサイトとして機能します。

また、必須ではないもののダウンロードと引き換えに名前とメールアドレスを入力するフォーム機能やブログ機能もあると効果的です。

【参考】WordPressプラグインの使用上の注意点とオススメ

 

おすすめWordPressプラグイン3選

最後に、ポートフォリオサイトにおすすめのWordPressプラグインを3つご紹介しましょう。

 

1. Visual Portfolio, Photo Gallery & Posts Grid

まずは、こちら。

完全無料で使える、ポートフォリオサイト用プラグインです。

WordPressで記事を作るように、ポートフォリオに作品を追加できます。

作品を魅力的に見せる様々なレイアウトを実現可能です。

Visual Portfolio, Photo Gallery & Post Grid

 

2. ポートフォリオ Gallery, Product Catalog – Grid KIT ポートフォリオ

次に、こちらをご紹介。

これは、無料版・有料版の両方があるプラグインです。

有料版では、エフェクトやレイアウトにこだわったポートフォリオサイトが作成できます。

更に、SEO対策も可能、ビデオやSNSとも連携可能。

無料版でも、一部レイアウトを使用可能で、ポップアップ表示なども使用でき、なかなかの機能です。

 

ポートフォリオ Gallery, Product Catalog – Grid KIT ポートフォリオ

 

3. WordPress Gallery Plugin – NextGEN Gallery

写真・画像に特化したポートフォリオサイト用プラグインです。

画像や写真のプリント販売もできるます。

そのため、写真家やイラストレーターにおすすめのプラグインと言えるでしょう。

WordPress Gallery Plugin – NextGEN Gallery

 

他にあると便利なもの

また、可能ならポートフォリオサイト向きのテーマを導入しましょう。

より見た目を魅力的にすることができます。

FukasawaPhotographerなどがおすすめですよ。

【参考】WordPressでネットショップは作れる?必要な機能は?(前編)

 

WordPressでポートフォリオサイトを作ろう!

この記事では、WordPressでポートフォリオサイトを作るメリットとおすすめのプラグインをお伝えしました。

デザインをこだわれるので、あなたのスキルを最大限伝えることが可能です。

ぜひ、WordPressでポートフォリオサイトを作ってみてください。

【参考】WordPressでLPを作るメリットやおすすめのプラグインを紹介

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. 損をしやすい人
  2. Canvaの使い方
  3. ZoomとGoogleMeet
  4. 事業承継信託
  5. ワーカホリック
  6. セールスファネル
  7. アイスブレイク
  8. 解約率
  9. MercuryReader

おすすめの記事

  1. 海外製ツールの値上げ
  2. 抜擢人事
  3. 労働基準監督署
  4. テキストコミュニケーション
  5. クラウド型会計ソフト
  6. 駐車場経営
  7. カフェテリアプラン
  8. キャリア防衛
  9. 労使協定、就業規則、労働協約
  10. サブスクリプション
ページ上部へ戻る