不動産投資でカモにされる?サラリーマンにとって必要な対策

不動産投資は、不労所得の獲得や税金対策など、魅力的な側面が多くあります。

一方で、不当な契約をさせられるなど、業者のカモにされてしまうなどのリスクも。

特に、サラリーマンは注意が必要です。

今回は、なぜサラリーマンが不動産投資のカモにされやすいのか、その理由と対策について詳しく解説していきます。

【参考】不動産投資詐欺の主な手口4パターンと騙されないための対策

 

不動産投資でカモ

 

サラリーマンは不動産投資のカモにされやすい

不動産投資でカモになる人は、どのような人でしょうか。

知識のないお金持ちや、年配の人?

もちろん、それもありますが、サラリーマンも、意外とカモになりやすいものです

サラリーマン、特に大企業のサラリーマンは、会社員という信用性が高く安定した職業。

であるがゆえ、不動産投資を始めようと思えば、他の職業の人に比べて簡単に始めることが可能です。

しかし、

  • 収益性の低い不動産物件を無理矢理買わされてしまう
  • 不当な条件で契約させられたりする

といったケースは、後を断ちません。

十分に注意する必要があると言えるでしょう。

狙ってくるのは不動産業者(営業マン)だけとは限りません。

紹介料目当ての、職場の上司や取引先、知人や友人などもいます。

【参考】融資審査に落ちた?不動産投資で融資を落としやすい人の特徴

 

サラリーマンが不動産投資のカモにされやすい理由

それでは、サラリーマンが不動産投資でカモになりやすい理由について見ていきましょう。

 

1. 属性柄、ローンの審査に通りやすい

まず、属性柄、ローンの審査に通りやすい点が挙げられます。

物件購入のためのローンを組む際、金融機関はその人の収入や信用などを見定めます。

勤続年数が長く収入が安定しているサラリーマンだと、金融機関も融資しやすいもの。

そこを狙われてしまうのです。

 

2. 本業が忙しいと丸投げしがち

不動産投資は、物件の管理や運用を専門の業者に委託して始めることが可能。

特に本業が忙しいサラリーマンは本業に支障が出ないよう、この方法を選ぶケースが多いです。

しかし、忙しいからといって物件の選定から管理まで全て業者に丸投げしてしまうのはやめるべき。

良いように利益を吸い取られてしまうだけになってしまいます。

 

3. 不動産投資の知識に疎い

勢いや憧れだけで初めてしまうサラリーマンは、不動産投資に関する知識に疎いもの。

しかし、本人は、それなりに学歴があったりすると、

  • 「自分は賢いから、アホな奴らとは違う」
  • 「自分が騙されるわけがない」
  • 「自分はちゃんと理解している」

と思ってしまうものです。

カモにされていること自体に気付けないこともあるでしょう。

 

4. 信頼できる人からの紹介で信じてしまう

不動産投資を勧めてくるのは、業者だけとは限りません。

職場の上司や得意先、その他友人、知人から「この物件を買わないか?」と勧められるケースもあるでしょう。

人と接する機会が多いと、このように身近な人間から誘いを受けるケースも多いもの。

「この人の紹介なら…」と思って、大丈夫だと思ってしまうことがあります。

そして、不動産会社も、自分で直接アプローチするより、信頼できる人経由でアプローチする方が良いと知っているのです。

【参考】不動産投資で失敗したくないなら注意すべき営業トーク5選

 

不動産投資でカモにされないための対策

それでは、悪質な業者のカモにされず、不動産投資を始めるための対策を見ていきましょう。

 

1. 勉強して知識をつける

最も効果的な対策は、独学でもなんでも良いので、とにかく知識を身につけることです。

今は、インターネットを使えば情報は溢れています。

X(旧Twitter)YouTubeにも情報は沢山出ています。

独学をするのは難しくないでしょう。

他人に言われるがままに動き、契約したりするのは一番危険。

最後に自分の身を守るのは、自分の知識なのです。

 

2. 個人からの紹介には乗らない

上司や同僚など、個人による不動産の紹介には極力乗らないよう注意しましょう。

前述した通り、彼らが不動産の購入を勧めてくるのは決して儲かるからではありません。

多くの場合、業者が支払ってくれる「紹介料」が欲しいからです。

断りにくい場合でも、自分が損をしないよう上手く断るのが賢明です。

 

3. 不動産会社を複数社回り、信頼できるパートナーを見つける

投資用物件を購入する際に、一社だけの話を聞くのはやめましょう。

必ず複数社回って比較すべきです。

物件の良し悪しはもちろん、担当者が信用できるかどうかも見極める必要があります。

【参考】サブリース契約とは?初心者の不安に付け込る手口の注意点!

 

不動産投資でカモにされないように

以前よりも不動産投資が身近になったこの時代。

騙そうとしてくる人は多数いて、決して他人事ではありません。

生半可な気持ちで手を出してしまうと、痛い目に遭ってしまいます。

忙しいけど、節税や副収入のために不動産投資を始めたいというサラリーマンは特に要注意。

上手い話だと思ってとびつくと、すぐにカモにされてしまうでしょう。

しっかりと知識をつけ、自分の判断で進めていくことがカモにされない対策にもなり、成功への近道にもなると肝に銘じましょう。

【参考】ワンルームマンション投資で素人がハマる意外な落とし穴5選

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. 顔採用
  2. 年間休日
  3. 推薦書
  4. オンラインサロン
  5. リストラ
  6. ツァイガルニク効果
  7. Baseでコンテンツ販売
  8. 正社員
  9. キャリアカウンセリング
  10. 個人事業主の社会保険

おすすめの記事

  1. 融資審査に落ちた
  2. 休憩時間の3原則
  3. Buffer
  4. アパート経営の失敗
  5. 商工会議所
  6. 移動販売
  7. オフボーディング
  8. SurveyMonkey
  9. ドロップシッピング
ページ上部へ戻る