駐車場経営は儲かる?不動産投資としてのメリットとデメリット

  • 「長年放置している土地がある」
  • 「不動産投資を始めたいけど大きなリスクがあるものには抵抗がある」

そのような方にとって、駐車場経営は大変おすすめの土地活用方法かもしれません。

今回は、駐車場経営について、その経営スタイルや種類、また、アパートやマンションなどの賃貸経営と比較した上でのメリット、デメリットについて解説します。

【参考】遊休地を有効活用する上で考えるべきポイント4つと注意点3つ

 

駐車場経営

 

駐車場経営ってどう?

不動産投資と言うと、まずアパートやマンションなどの賃貸経営が最初に思い浮かびます。

しかし、土地を整備し、駐車場として貸し出して収益を得る方法もあります。

賃貸アパートやマンションの経営と比べて、駐車場経営は小規模になりがち。

高い収益性は見込みにくい、というのは事実としてあるようですが、

  • 遊休地を有効活用したい場合
  • ちょっとした副収入を得たい場合

に、駐車場経営はうってつけの投資スタイルと言えます。

建物を建てるわけではないので、撤退や方針転換も比較的容易にすることができます。

【参考】不動産投資詐欺の主な手口4パターンと騙されないための対策

 

駐車場経営の方式

一口に駐車場経営と言っても、経営の仕方や駐車場の種類によって次のような経営スタイルがあります。

 

1. 個人経営

土地のオーナーが自ら駐車場の管理人となります。

そして、利用者の募集や契約、料金の徴収、管理などを行うスタイルです。

 

2. 管理委託

管理業務の一切を、専門の管理会社に委託する経営スタイルです。

月々、一定の管理費負担が発生します。

しかし、清掃や利用者とのトラブル対応など、面倒な業務も管理会社が請け負ってくれます。

そのため、手間がかかりません。

 

3. 一括借り上げ

駐車場経営のサブリース版と呼ぶこともできます。

これは、駐車場経営に必要な設備の設置から運営、管理まで、全てを運営会社に任せる経営スタイルです。

手数料は高くなってしまいますが、空きの有無にかかわらず、安定した収入が保証されています。

【参考】サブリース契約とは?初心者の不安に付け込る手口の注意点!

 

駐車場経営の種類

それでは、駐車場経営の種類についてみていきましょう。

 

1. 月極

1ヶ月単位で利用希望者と契約を結び、定額の利用料金を毎月徴収します。

駐車区画さえ設けておけば、地面は砂利などでも問題ないことが多いでしょう。

特別な機械も設置する必要がないため、初期費用を抑えられます。

しかし、無断駐車などのトラブルが起きやすいのが悩みどころ。

事前に対策を講じておく必要があるでしょう。

 

2. コインパーキング

数十分から一時間単位で料金を設定し、その都度料金を徴収します。

ロック板や支払い機、ゲートなどの機械を設置する必要があります。

また、地面をコンクリートで整備する必要があり、一定の初期費用が発生します。

しかし、月極と比べて利回りが大きいのが特徴的。

繁華街など好立地の場合には、更に多くの収益を見込めるでしょう。

【参考】不動産投資で失敗したくないなら注意すべき営業トーク5選

 

駐車場経営のメリットとデメリット

それでは、まず、アパートなどの賃貸経営と比較した際のメリットについて見ていきます。

 

1. 初期費用の負担が小さく、すぐに始められる

コインパーキングの場合、ある程度の初期費用は必要となります。

しかし、賃貸物件のように建物を立てたりリフォームしたりする必要がないため負担は小さくて済みます。

また、利用者さえいれば比較的すぐに経営を始められるのも駐車場経営の魅力です。

 

2. 狭小地でも始められる

駐車場経営は最低でも一台の車を停めるためのためのスペースがあれば始めることが可能。

アパート経営のように場所や高さに関する制限を受けません。

それゆえ、ちょっとした路地や住宅地などにある狭小地や遊休地も有効に活用できます。

 

3. 他の業態に切り替えやすい

駐車場経営を始めたものの、

  • なかなか利用者が集まらない
  • 違うスタイルで土地を活用したくなった

ということはよくあることです。

そのような場合でも、比較的切り替えが利き易いのも駐車場経営の魅力です。

ある程度の広さがある土地なら、駐車場経営から、アパートやマンションを建てて賃貸経営に切り替えることも可能です。

 

それでは、デメリットについても見ていきましょう。

 

4. 税制上の優遇が少ない

駐車場経営の一番のデメリットは税制上の優遇が少なく、税金の負担が大きくなりやすいことです。

アパートやマンションなどの賃貸経営の場合、固定資産税都市計画税、また相続税などの優遇措置があります。

駐車場はその対象とはならないため満額が課税されてしまいます。

 

5. 収益性は低め

もちろん、これは駐車場の規模や立地にもよります。

しかし、リスクが低い分、賃貸経営と比べるとどうしても収益性は低めになります。

というのも、アパートやマンションは同じ土地面積でも階を設けることでより多くの収益を見込めます。

しかし、駐車場は原則として平面の1フロア分しか活用できないため物理的に多くの収益を得ることが難しいのです。

立体駐車場にすることもできますが、そうなると賃貸経営と変わらなくなります。

【参考】不動産投資で節税できる?その理由と知っておくべき注意点

 

駐車場経営で手堅く儲ける

駐車場経営は賃貸経営など他の不動産投資と比べて収益性は低めですが、低コスト、低リスクで始めやすいというメリットがあります。

手堅い投資、と言えるかもしれません。

土地の特性を最大限活かせるよう判断した上で始めましょう。

【参考】シェアハウス投資とは?始める際の注意点と成功のコツ

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. 通年採用
  2. 残業命令
  3. アパート経営の失敗
  4. WordPressでネットショップ
  5. VR会議
  6. 非言語コミュニケーション
  7. パワハラ上司を訴える
  8. オウンドメディア

おすすめの記事

  1. アンカリング効果
  2. パルスサーベイ
  3. フルリモート
  4. SNSで詐欺
  5. メタ思考
  6. Youtubeショート動画
  7. カスタマージャーニーマップ
  8. ウォーキングアプリ
ページ上部へ戻る