Deadline Funnelの評判は?締切で売上を増やすツールをご紹介

オンラインで商品を販売する時に効果的なのがメルマガを通じたセールスです。

そして、そのセールスでは締め切りを設けて行うとより効果的と言われています。

実際、締め切りを設けると、「締め切り当日の売上が一番高くなる」なんて話も。

そんな販売の締め切りを設けることができるツールがDeadline Funnelです。

この記事では、Deadline Funnelの特徴やメリット、評判をご紹介します。

【参考】SEMrushの評判や特徴は?オールインワンSEMツールを解説

 

deadlinefunnel

 

Deadline Funnelとは

Deadline Funnelは、オンライン販売に締め切りを設けることができるツールです。

  • ページ内やメルマガにタイマーを表示
  • 期限切れなら別ページへ転送

といったことが、簡単にできるようになります。

これらを自分で設定しようとすると、プログラミング技術も必要で容易にはいきません。

しかし、Deadline Funnelを使えば、簡単に設定できてしまうのです。

 

締め切りがもたらす成果

セールスにおいて、締め切りの存在は強力な動機・モチベーションになります。

スタンフォード大学で行動デザインの研究をしているBJフォッグ博士によると、人が行動するには、

  • 能力(その行動が自分にできるという確信)
  • プロンプト(行動を促す文言や機能、「今すぐここをクリック」など)
  • 動機(その行動をしたい、しなければならないという気持ち)

という、3つの要素が同時に揃っている必要があるそうです。

このことを「フォッグ行動モデル」といいます。

日本では

  • 「能力」を「行動障壁」(行動を起こすことを阻害する要因)
  • 「プロンプト」を「トリガー」(行動を起こそうとするきっかけ)

と解説されていることも多いです。

 

締め切りを設けるとどうなるのか

締め切りを設けると、「今すぐ購入しないと」という動機が生まれます。

そのため、成約率が大きく改善され、セールスの成果も向上するのです。

Deadline Funnelは「締め切りを設けてコンバージョンを改善する」ツール。

オンラインマーケティングで売り上げを増やしたい人にはおすすめです。

【参考】Unbounceの評判や特徴は?素早くLPを作れるツールをご紹介

 

Deadline Funnelの特徴とメリット

ここからは、Deadline Funnelの特徴とメリットについて解説していきます。

 

実際に締め切りを設けることができる

まず、実際に「締め切り」を設けることができるということです。

期間限定クーポン等で安くするのは容易でも、全く買えない状況にするのは意外と難しい。

「締め切りと言いつつ、実は締め切っていない」となると、詐欺的とも思われます。

しかし、Deadline Funnelを使えば「完全に買えない状態」を簡単に作成可能。

締め切りを設けることで施策がより強力になり、購入を促すことが可能となります。

 

見込み客毎に締め切りを設けることが可能

次に、メールアドレスに対して、個別の締め切りを設けることが可能です。

「エバーグリーンローンチ」のような、プロモーションやセールスの自動化にも有用です。

もちろん、一律で締め切りを設けることだって可能です。

 

学習コンテンツが豊富

更に、英語になりますが、

  • 締め切りを設けることがなぜ良いのか?
  • どうやって活用するのか?

を学べるコンテンツが公式サイトに豊富にあります。

様々なノウハウを得ながら、施策を進められます。

【参考】Outgrowの評判や特徴は?リード獲得施策の実装はこれ一つで

 

Deadline Funnelの評判は?

締め切りを設けて成果を出す、Deadline Funnel。

それでは、実際の評判はどうなのでしょうか?

ここからは、海外レビューサイトを中心に実際の評判を見ていきましょう。

海外レビューサイトでの評価は以下の通りです。

レビューサイト名総合評価点レビュー数受賞、その他
G24.2/53
Capterra0
TrustRadius(ページなし)

※データは2022年5月現在

なんと、海外のレビューサイトでの評価がほぼありません。

有効そうなレビューも少ないです。

日本のマーケッターも使っているツールなので、この少なさは意外な結果でした。

それでは、数少ないレビューから評価点や問題点を見ていきましょう。

 

Deadline Funnelの評価点:緊急性のあるキャンペーンに最適

Deadline Funnelを使って緊急性のあるキャンペーンを作れたという声がありました。

締め切りを厳格にして販売するにはおすすめかもしれません。

 

Deadline Funnelの問題・不満点:価格設定の高さ

一方で、価格設定への不満も見受けられました。

締め切りの効果は強烈ながら、他の機能はあまり充実しているとは言えないようです。

そのため、「締め切りを付けるだけで月額49ドル?」と思う人もいるようです。

 

実際のレビューを見てみよう

それでは、実際のレビューを見ていきましょう。

良いレビュー

Deadline Funnelは最高です!

締め切りの使い方がたくさんあるのが大好きです。

私のウェルカムシーケンスには、「偽の」期限が含まれていました。

しかし、私が本当の緊急性を生み出すことができることを知ってください。

大好きです。

海外匿名ユーザー

https://www.g2.com/products/deadline-funnel/reviews/deadline-funnel-review-3468546

悪いレビュー

ツールの価格設定部分、値段が高い。

モハンラルD

マーケティングコンサルタント

https://www.g2.com/products/deadline-funnel/reviews/deadline-funnel-review-4936375

【参考】EmailOctopusの評判や特徴は?安価なメールマーケ実践ツール

 

Deadline Funnelで強力な動機を作る

この記事では、Deadline Funnelの特徴やメリット、評判を解説しました。

かなりレビューは少ないものの、しっかり締め切りを設けてキャンペーンを作れることは確かのようです。

日本のマーケッターでも使用・解説している人は意外と多いです。

そして、具体的に使い方を解説している記事もあります。

無料トライアルもあるので、ぜひ試してみてください。

【参考】MailChimpとは?歴史と実績のあるメルマガ配信ツールを紹介

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. 大企業病
  2. 駐車場経営
  3. Canvaで動画
  4. 限定正社員
  5. 無人店舗
  6. ConvertFlow
  7. 健康経営
  8. 媒介契約

おすすめの記事

  1. ホワイト企業
  2. 登記の住所
  3. ConvertKitの使用感
  4. シニア人材
  5. 時短勤務
  6. 法定休暇
  7. オンボーディング
  8. Canvaの使い方
  9. 時間の見積もり
ページ上部へ戻る