海外のマーケティング情報を仕入れる4つのおすすめルート

情報の差がビジネスの成否を分けることは多々あります。

中でも、マーケティングは日本と海外では10年以上の差があると言われていたりもします。

そこで、海外のマーケティング情報を仕入れて活用すれば、ライバルから一歩抜きんでたビジネスを作ることができます。

しかし、そんな情報をどこから仕入れればいいのでしょうか?

この記事では、海外からマーケ情報を仕入れるおすすめの4つのルートを解説します。

【参考】海外マーケターのブログ!是非読むべきおススメ3選

 

海外のマーケティング

 

海外のマーケティング情報を仕入れる4つのルート

それでは、海外のマーケティング情報を仕入れる4つのルートについて解説していきます。

 

1. 海外メディアの翻訳メディア

まず、手っ取り早いところから。

これは、海外のビジネス情報を日本語に翻訳しているメディアのことです。

翻訳されている分、読みやすいのが魅力。

海外情報を獲得するルートの中でも、比較的難易度は低くなっています。

ただ、当然ですが、多くの日本人がこれらの情報に目を通しています。

そのため、競争で圧倒的に勝てるような情報の差は生まれにくいでしょう。

しかし、まずは土地勘を養う上では有用。

まずは、ここから情報を学んでみてください。

例:TechCrunch Japan

 

2. 海外情報を取り扱っている会社

海外のマーケターと連携して、講座や書籍を翻訳し販売している会社がいくつかあります。

この会社の商品を購入して学んでみるというのも一つの手。

日本では一般的でない、海外情報を学ぶことが可能です。

もちろん、お金がかかってしまうのはやむなし。

しかし、日本向けの事例を揃えていることが多く、学ぶという点では非常に有効。

お金を払う分、他の人との競争優位にはつながりやすいでしょう。

例:ダイレクト出版

 

3. 海外マーケターのブログ

海外のマーケターのブログを翻訳して読むのも良いでしょう。

無料で学べますし、海外マーケターのブログを読んでいる人は少ないこともあります。

競争優位性にも繋がりやすいでしょう。

是非、Googleの翻訳機能やDeepLを活用しましょう。

ただ、彼らにもメインの商品やサービスがあることがほとんど。

そのため、全てが明かされるわけではない点には注意してください。

例:ニール・パテル氏のブログ

 

4. マーケティングツール販売会社のブログ

マーケティングツールを販売している会社の多くが、自社ブログでマーケティング情報を発信しています。

ここでは、個人の海外のマーケターブログより、深い情報が得られる可能性が高いです。

その理由は

  • ツールを使ってもらうための前提知識やマーケティングの必要性を伝えるために深いコンテンツを用意している
  • マーケティング情報やコンサルティング自体がメインの商品ではないため、ブログで多くの情報を公開できる

といったものです。

海外マーケッターのブログと同様に、翻訳を駆使して学びましょう

例:Blog – ConvertKit

【参考】海外マーケターのブログ!是非読むべきおススメ3選

 

海外情報を仕入れてライバルに負けないビジネスを

ここでは、海外のマーケティング情報を仕入れる4つのルートについて解説しました。

この海外情報は自分で使うこともできますし、アレンジして教材にすることも可能です。

ぜひ、活用してみてください。

【参考】英語できないけど海外製ツールの担当者とチャットする

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. ハラスメントの事例
  2. 無人販売
  3. CanvaPro
  4. 求人詐欺
  5. 繰上返済
  6. 抜擢人事
  7. スマート農業

おすすめの記事

  1. レンタルビジネス
  2. 労働問題
  3. Canva
  4. リストラ
  5. ストックオプションの種類
  6. プロパーローン
  7. ドリップマーケティング
  8. 雑談力
  9. 面接での嘘
  10. 個人事業主の社会保険
ページ上部へ戻る