ブログタイトルを改善する5つの効率的な方法

せっかく書いたWeb記事やブログが読まれない…

これは、メディアを運用している担当者やブロガーなら、誰もが抱える悩みです。

Web記事やブログが読まれるようにするには、新規記事を単に量産するだけではダメ。

既存記事のリライトや、改善も重要になります。

その記事の改善で真っ先に手を付けるべき要素が、記事のタイトル。

タイトル自体は短い文章に過ぎません。

しかし、「読まれるかどうか?」を左右する重要な要素であることに異議はないでしょう。

それでは、具体的にどうすればよいのか?

この記事では、ブログタイトルを改善する5つの方法について解説します。

【参考】フレーミング効果とは?表現や焦点を変えて印象を変える技術

 

ブログタイトル

 

なぜブログタイトルを改善するのか?

記事のタイトルを改善する一番の理由は何でしょうか。

それは、読者目線でも、そして、SEO目線でも影響が大きく、効率が良いからです。

あなたも、SNSやネットサーフィンで見かけた全てのページを読まないでしょう。

しかし、タイトルをみて「これは」と思うものがあれば、アクセスして読むはずです。

 

読むか読まないかはタイトル次第?

Web記事のタイトルは書籍でいうところの題名や表紙、広告のヘッドライン。

多くの人は、読むか読まないか、タイトルで判断するのです。

広告の父と呼ばれるデイヴィッド・オグルヴィは「ヘッドラインは中身の5倍読まれる」という言葉を残しています。

読者が購読を判断するとき、タイトルは、中身以上に重要なのです。

そして、SEO目線でもキーワードがタイトルに含まれていることが重要。

タイトルにキーワードが含まれていれば、関連性があると判断され、順位が上昇します。

このように、タイトルをの改善は、読者目線、SEO目線の両方で効果が大きいのです。

そして、タイトルを改善することは、新しい記事を書くより時間がかかりません。

タイトル改善することは、既存記事の改善の中でも、かなり重要で効果が大きい、効率的な施策と言えるでしょう。

【参考】サイト訪問者を効率良く見込み客に変える施策5選

 

ブログタイトルを改善する5つの方法

それでは、ブログタイトルを改善する具体的な5つの方法を解説します。

 

1. 数字を入れる

ブログのタイトルに、数字を入れることを考えてみてください。

数字を入れると、タイトルはより具体的になります。

具体的な情報は「あ、こういうことについて書いてあるんだな」と読者が理解しやすくなり、アクセスを促すことに繋がるでしょう。

改善例:ブログタイトルを改善する方法 → ブログタイトルを改善する5つの方法

といった具合です。

 

2. ターゲットを絞る

ターゲットを絞って具体的にするのも有効な方法です。

読者を決めて狙い撃つと、「自分に関係ありそう」と思ってもらえます。

そうすると、アクセス増加と購読に繋がります。

特定の層向けに特化しているブログ・メディアでは実行し易い施策。

ぜひ、ターゲットを決めて、タイトルを具体的にしてみてください。

改善例:ブログタイトルを改善する方法 → Webライター必読!ブログタイトルを改善する方法

 

3. 心理技術を活用する

心理技術を使って、「ついつい読ませてしまう」タイトルにします。

人間心理の原理原則に訴えることができれば、注意を惹きやすくなるもの。

使える心理技術には、色々なものがあります。

例えば、禁止されるとその行動をしたくなる「カリギュラ効果」は、ブログタイトルで使いやすいと言えます。

他にも、隠された情報への興味・好奇心をくすぐる簡単な方法として、

「秘密の」

「禁断の」

等のワードを入れるだけでも効果的です。

しかし、やみくもに使っても大して効果はありません。

また、実体のないまま変に煽ってしまえば、メディア自体の信用を失うことに繋がります。

例えば、一般的な情報に対して「秘密の~」と入れてしまえば、「そんなこと知ってる」と思われてしまいます。

そうすると、「つまらないメディアだ」と思われ、もう読んでくれなくなるでしょう。

それぞれの心理技術の特性を理解して、適切に活用することが重要です。

改善例:ブログタイトルを改善する方法 → タイトルがそのままでいい人は読まないで!ブログタイトルを改善する方法

 

4. サブキーワードを盛り込む

SEO的な観点からは「サブキーワード」を入れると効果的です。

サブキーワードとは、メインのキーワードと一緒に検索されている言葉。

例えば、この記事では「ブログ」がメインのキーワード。

そして、「タイトル」がサブキーワードという位置づけです。

1つだけでなく、複数のサブキーワードを入れることも検討してみましょう。

注意としては、記事のテーマからズラしてまで、無理にサブキーワードを入れることはおすすめしません。

最終的には読者に読まれなければならないので、上位表示されたとしても、タイトルが理解されなければ読まれないでしょう。

自然な形でサブキーワードを盛り込むことが重要です。

 

5. ベネフィットを入れる

メリットだけでなく、ベネフィットも入れられないかを考えてみましょう。

ベネフィットとは、「特定のターゲットが記事のノウハウを活かすことで得られる良い未来、結果」のことです。

ベネフィットを入れることで、より読んでみたいという気持ちが強くなります。

重要なのは、メリットや内容は一緒でも、「ターゲット次第でベネフィットは変わる」ということです。

例えば、「ブログが読まれる!ブログタイトルを改善する方法」という記事があったとしましょう。

これは、メリットのみを記載したタイトルです。

これを、ブロガー向けなら「アフィリエイト報酬爆増!ブログタイトルを改善する方法」と改善することができます。

しかし、アフィリエイト報酬が重要でないWebライターや社長、起業家には刺さりません。

Webライター向けなら「ライティング報酬アップ!?ブログタイトルを改善する方法」に。

社長・起業家向けなら「見込み客をオウンドメディアから獲得!ブログタイトルを改善する方法」にした方が、ベネフィットとしては魅力的です。

このように、同じ内容でもターゲットによってベネフィットは大きく変化します。

ベネフィットを正しく作るには、ターゲット設定とリサーチがポイントになるのです。

【参考】カリギュラ効果とは?を基礎から解説!マーケターは閲覧禁止

 

わずかなブログタイトル改善で大きな成果を

この記事では、ブログタイトルを改善する5つの方法をお伝えしました。

文字数は少ないですが、読まれるかどうかを大きく左右するのがタイトルです。

ちょっとした工夫で読まれるかどうかは大きく変わります。

ぜひ、上手く改善して、効率良く成果に結び付けていきましょう。

【参考】心理効果を知り使いこなす!マーケターの必須テクニック9選

関連記事

最新の記事

  1. 家賃の値下げ交渉
  2. 木造・鉄骨造・RC造
  3. 集中ブース
  4. オーバーローン
  5. 不動産取得税
  6. 定期借家契約
  7. 融資審査に落ちた
  8. シェアハウス投資
  9. 賃貸経営の差別化戦略
  10. 不動産小口化商品

ピックアップ記事

  1. エコマーケティング
  2. 封筒にブーメラン
  3. 競争戦略
  4. Web面接
  5. ホワイトぺーパー
  6. エバーグリーンローンチ
  7. ステマ
  8. 起業前の準備

おすすめの記事

  1. 代替食品
  2. Teachable
  3. 登記事項証明書
  4. 正社員は不要
  5. ホラクラシー
  6. エンジニアに未経験で
  7. フレームワーク
  8. RPA
  9. ウェビナー
  10. 行事
ページ上部へ戻る