ドリップマーケティングとは?販売までを自動化する施策

ドリップマーケティングという言葉をご存じですか?

日本のマーケティング現場ではあまりなじみがない言葉です。

「ドリップ」と聞くと、コーヒーを入れる時や、もしくは、冷凍した肉や魚が解凍されたときに出てくる水分をイメージしたりするかもしれません。

単語の意味から「滴るマーケティング?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

実は、このドリップマーケティング、売上・利益を効率増やすために活用される、マーケティングの手法です。

この記事では、ドリップマーケティングについて解説します。

【参考】ステップメールとは?メールマーケには欠かせない手法

 

ドリップマーケティング

 

ドリップマーケティングとは?

ドリップマーケティングとは、あらかじめ決めたメッセージ、コンテンツを決めたタイミングで見込み客・顧客に届けて、教育や需要の創造を行うマーケティング手法・戦術のことです。

少量の水を長期間にわたって植物に供給する農業技術である「点滴灌漑(てんてきかんがい )」に由来すると言われています。

このドリップマーケティングを実践することで、マーケティングの過程をほぼ自動化することが可能。

多くの場合、電子メールを使いますが、電話やSNS、オウンドメディアでも使われていることもあります。

【参考】ストーリーテリングとは?共感や感動で集客する手法をご紹介

 

ドリップマーケティング2つのメリット

次に、ドリップマーケティングのメリットについて解説しましょう。

 

メリット1:マーケティング・販売がほぼ自動化される

集客した後の、マーケティングから販売までの流れのほとんどを、自動化できます。

これこそ、ドリップマーケティングの最大のメリット、かつ、目的と言えるでしょう。

もちろん、完全にほったらかしというわけではなく、管理・調整は必要です。

それでも、ドリップマーケティングを導入した後は、これまで以上に効率よく売上・利益を獲得できるようになるでしょう。

 

メリット2:安定した売上・利益を獲得できる

ドリップマーケティングは新規顧客の獲得に特に有効です。

一度成果の出る流れが完成すると、一定の確率で自動的に商品・サービスが売れていきます。

そうすると、集客さえしていれば安定して売上・利益を増やすことが可能です。

安全にビジネスを成長させたいならドリップマーケティングは非常に有効と言えるでしょう。

【参考】LPのCV率を向上させるためのアクション5選

 

ドリップマーケティングの具体例

最後に、具体的な事例をご紹介しましょう。

 

1. ステップメール

ステップメールは、今となってはよく見るメールマーケティングの施策。

「メールによるドリップマーケティング」と言えます。

登録してくれた顧客に、予め決められた順番で、決められたタイミングでメールを送ります。

そして、顧客の意識に徐々に浸透していき、購入に結びつける、というものです。

これは、日本はもちろん、海外の起業家の多くが活用している施策。

ステップメールのことを「Drip email」や「Drip campaign」と表現することもあります。

 

2. Lステップ

日本でのユーザーが多いLINE。

これも、「Lステップ」というツールを導入することで、決められたメッセージを配信できます。

これも「LNE公式アカウントを活用したドリップマーケティング」と言えるでしょう。

LINE公式アカウントをビジネスに活用している人はおすすめです。

【参考】クイズをマーケティングに!?アメリカで流行中の手法を紹介

 

ドリップマーケティングでビジネスの収益を増やそう!

この記事では、ドリップマーケティングとその例について解説しました。

最近耳にすることも多い「ステップメール」はドリップマーケティングの一種です。

ドリップマーケティングを取り入れて、売上・利益を自動的に獲得しましょう。

【参考】Webリサーチツール・サービスのおススメ5選

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. ファクタリング
  2. wix
  3. メンター制度
  4. 休憩時間の3原則
  5. Z世代が就職したい会社
  6. フレーミング効果
  7. 悪徳フランチャイズ
  8. ブログ
  9. IT介護の問題を解決
  10. 仕事がないフリーランス

おすすめの記事

  1. 昇給交渉
  2. SurveyMonkey
  3. ブランド戦略
  4. 個人事業主が値上げ
  5. 社債
  6. IT介護
  7. フランチャイズのリスク
  8. 勤務間インターバル制度
  9. フリーランス協会
ページ上部へ戻る