WordPressでネットショップを作るメリットとおすすめ(後編)

※前編はこちら

様々なサイトを、自分で構築できるWordPress

このWordPressをうまく使う事で、ネットショップを作ることも不可能ではありません。

前編では、基礎知識としてそもそもネットショップには、どんなシステムが必要なのかについて解説しました。

後編であるこの記事では、

  • WordPressでネットショップを作るメリットとデメリット
  • おすすめのWordPressプラグイン4選
  • プラグイン以外に便利なツール

についてご紹介します。

【参考】WordPressでネットショップは作れる?必要な機能は?(前編)

 

WordPress

 

WordPressでネットショップを作るメリットとデメリット

まずは、WordPressでネットショップを作るメリットとデメリットについてお伝えします。

 

1. WordPressで作るメリット

まずは、メリットについて見ていきます。

デザイン構築が自由

WordPressでネットショップを作るとサイトのデザインを自由に構築できます。

そのため、ブランディングを実施し易いというのは一つのメリットと言えるでしょう。

決済手数料が安い

また、一般的なネットショップ構築プラットフォームを使用するより、決済手数料を抑えることができます。

そのため、比較的利益を増やすいと言えるでしょう。

SEO対策が自由

サイト自体のSEO対策がしやすいこともメリットです。

大手の力を借りずにSEOに強いサイトを作ることが出来れば、集客も思いのままです。

 

2. WordPressで作るデメリット

次に、デメリットについて見ていきましょう。

時間と労力がかかる

WordPressで作る場合、ゼロからプラグインやテーマを揃え、設定することになります。

制作には、かなりの時間と労力がかかるでしょう。

また、管理する手間も大きく、セキュリティリスクも高め。

当然難易度が高く、外注しないのであればWordPressについて学ぶ時間も必要と言えるでしょう。

専門知識とスキルが必要

総合的には、デザイン面やSEOで有利になります。

しかし、かなりの専門知識とスキルが無いと難しく、慣れた人でなければ、おススメしにくいというのが実際のところ。

自信がなければ、

  • 外部のECサイト構築ツールや決済システムと連携するハイブリッド型を検討する
  • 製作・運用を外注する

といったことも選択肢に入れましょう。

【参考】WordPressプラグインの使用上の注意点とオススメ

 

WordPressでネットショップを作る!おすすめプラグイン4選

次に、ネットショップを作る時に便利なプラグインを4つご紹介します。

 

Welcart

日本初のWordpressショッピングカートプラグインです。

25,000以上のサイトで稼働しています。

  • カート機能の追加
  • 商品管理
  • 受注管理
  • 顧客管理決済

と、ECサイトに必要なシステムをほぼ全て揃えることが可能。

専用の拡張プラグインやテーマと組み合わせることで、定期購入等も実装可能です。

公式サイトはこちら

 

WP-OliveCart

基本的なEC機能が揃った無料のプラグインです。

シンプルで、すぐに使うことが可能。
クレジットカード決済や、商品一括登録などの機能は有料版でないと対応していません。
ただし、有料版の販売が停止しているというのは少し気がかり。

使用する前に、最新の状況についてよく確認しましょう。

公式サイトはこちら

 

ネットショップ管理プラグイン

  • ショッピングカート
  • 商品管理
  • 注文管理

など、ネットショップに必須の基本的な機能を備えたWordPressのプラグインです。

これは、有料版しかありませんが、その分機能はかなり充実しています。

本格的にネットショップを制作したいなら、おすすめできるプラグインです。

公式サイトはこちら

 

WooCommerce

海外製のECショップ用プラグインです。

英語力が必要ですが、機能は充実しています。

また、海外製なので外部ツールとの連携も充実。

効率よくネットショップを運営できますよ。

公式サイトはこちら

【参考】WordPressの代行・サポートは起業や副業向き?(前編)

 

プラグイン以外で便利なツールやサービスは?

最後に、プラグイン以外で便利なツールやサービスもいくつかご紹介します。

組み合わせて使う際に便利です。

 

Stripe

決済システムを簡単に導入できるサービスです。

信頼性が高く、多くのユーザーが使用しています。

WordPressとの連携も比較的容易なので、おすすめです。

公式サイトはこちら

 

Shopify

日本でも有名なネットショップ作成プラットフォームです。

外観はWordPress、決済や商品管理はShopifyという使い方をすると、セキュリティリスクがかなり軽減されます。

また、WordPressとShopifyを連携できるプラグイン「ShopWP」もあります。

これをつかって、WordPressとShopifyを連携させてネットショップを構築している人も多いです。

Shopify公式サイトはこちら

【参考】WordPressの代行・サポートは起業や副業向き?(後編)

 

WordPressでネットショップを作ろう

この記事では、Wordpressでネットショップを作るために便利なプラグインをご紹介しました。

確かに、難易度が高く、セキュリティ面での不安はあります。

しかし、十分なスキルと注意を払えば、低コストで自由度の高いネットショップを作れるでしょう。

また、決済や商品管理だけを別のツールで補うことも可能です。

気になる方は、ぜひ挑戦してみてください。

【参考】WordPressとAmebaOwnd!それぞれの特徴を比較

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. オンボーディング
  2. Chrome拡張機能
  3. インバスケット研修
  4. スマート農業
  5. 転職して年収が下
  6. ドライな職場
  7. オフサイトミーティング
  8. ConvertKit
  9. 20代・30代の転職、求人情報

おすすめの記事

  1. セールスファネル
  2. STP分析
  3. これからのオフィス
  4. アクティブコミュニケーション
  5. 定款
  6. タスク管理ツールといっても用途や目的ごとに様々な種類があります。ビジネスを効率よく動かすにはタスクやプロジェクトの管理が欠かせません。選び方を間違えると効果が出ないことも。この記事では、タスク管理ツールの種類と選び方、おすすめのツールを紹介します。
  7. MercuryReader
  8. ConvertKit
ページ上部へ戻る