WordPressプラグインの使用上の注意点とオススメ

仕事でも通用する、プロレベルのサイトを素早く作れるWordPress

いざ使おうと思って調べてみると、「プラグイン」という言葉が頻繫に出てくるのを目にするでしょう。

実は、WordPressは、プラグインなしの単体では、出来ることは意外と多くありません。

この記事では、

  • WordPressのプラグインとは何か?
  • プラグイン導入のメリットと注意点
  • プラグインをどうやって導入するのか?
  • おすすめのプラグイン3選

をご紹介します。

【参考】WordPressとAmebaOwnd!それぞれの特徴を比較

 

WordPress

 

WordPressのプラグインとは?

プラグインとは、機能を拡張するためのソフトウェアの総称です。

そのため、WordPressプラグインとは、その名の通りWordPressの機能を拡張させることができます。

プラグインでできるようになることの一例として

  • 読みやすい目次を付ける
  • SEO対策
  • お問い合わせフォームの作成と導入
  • スパム対策
  • 支払いフォームの導入

などがあります。

分かりやすく言うと、「ゲームで機能の付いた武器や防具を装備するイメージ」です。

WordPressは、どこかの会社が管理して公開しているものではありません。

技術者有志が、相互にアップデートを加えながら、Webで公開し、進化・発展を続けているものです。

よって、有志の方が作ったプラグインがたくさんあります。

これは、公式ローカルサイトで配布されていて、無料のものだけで約6万もあります。(2023年6月現在)

上手く活用・導入することで、WordPressで様々なことができるようになりますよ。

【参考】Table of Contents Plusとは?Wordpressに目次を簡単に追加

 

WordPressにプラグインを導入する3つのメリット

ここからは、WordPressにプラグインを導入する3つのメリットをお伝えします。

 

1. 機能(できること)を増やせる

機能が拡張されればその分できることが増えます。

他のオウンドメディア制作ツール等では、機能が少ない場合、アップデートを待たないといけません。

しかし、WordPressは、既に膨大なプラグインがあって、公開されています。

有料のものも含めると、大体のことは実現可能なのです。

プラグインを活用することで、「こんなサイトにしたい」という望みを叶えることができます。

 

2. 効率の良いメディア運用ができる

サイトの運用は、表からは見えないため分かりにくいですが、意外と大変です。

  • SEO対策
  • スパム対策
  • セキュリティ対策
  • デザイン調整

など、やることも山積み。

しかし、プラグインを使えば、これまで手作業でやっていたことも自動化できます。

効率の良いメディア運用・活用が可能になりますよ。

 

3. コストを抑えられる可能性がある

無料のプラグインの中には、同じような機能でも有料プラグイン以上の働きをしてくれるものもあります。

また、有料ツールを使わないとできなかったことも、無料のプラグインの組み合わせでできることも少なくありません。

このように、プラグインの存在をたくさん知って、上手く選択・活用することで、コストを抑えられます。

【参考】SaaSとは?読み方や意味、メリットとデメリット

 

WordPressプラグインを導入するときの注意点

便利なプラグインですが、以下の点に注意しないと大変なことになります。

 

1. 利用条件の確認

プラグインの多くは、個人が公式ローカルサイトを経由して配布しています。

よって、規約や利用する条件もバラバラです。

中には、商用利用の場合は有料などの条件があることもあります。

これを無視してしまうと、トラブルに繋がってしまうことも。

利用条件はしっかりとチェックしてください。

 

2. ウィルスが含まれていないかどうかを確認

WordPressは、特定の会社が管理しているものではありません。

技術者有志が、勝手に開発して公開しているものです。

よって、中には、悪意のある人がウィルスを仕込む場合があります。

これは、公式ローカルサイトで配布されていたとしても油断はできません。

十分に評価や口コミなどを調べてからインストールする事をおすすめします。

公式サイト以外からのダウンロードは、特に注意が必要です。

 

3. 導入するプラグインを絞る

便利そうだからとあれもこれも追加することはおすすめできません。

サイトの速度にも影響しますし、プラグインの管理で余計に運用のストレスが増えることもあります。

「どんなサイトにしたいか?」をしっかりと設計して、プラグインを導入してください。

【参考】IT介護とは?IT音痴が引き起こす問題と採り得る4つの対策

 

WordPressにプラグインを導入する方法

次に、プラグインを導入する方法について解説します。

方法は非常にシンプルです。

まず、ダッシュボード画面左側の「プラグイン」の項目から「新規追加」を選択します。

次に、追加したいプラグインを選択して、インストールボタンを押します。

最後に、インストールしたプラグインを「有効化」してください。

外部購入の場合は、新規追加の項目からは出て来ません。

別途インストールして、ファイルとしてアップロードすることが必要です。

【参考】Wixの評判や特徴は?専門知識なしで使えるWeb制作ツール

 

おすすめのプラグイン3選

最後に、おすすめのプラグインを3つご紹介します。

 

1. Akismet

スパムに近いコメントや問い合わせを防止するプラグインです。

個人でも企業でも、スパムは大変厄介なもの。

この処理だけでも、膨大な時間を費やしてしまいます。

しかし、Akismetを使えば、自動でスパムコメント・問い合わせを防止できます。

スパム対策の労力を大幅に削減できるでしょう。

Akismet Anti-spam: Spam Protection

 

2. All in one SEO

WordPressを使ったサイトのSEO対策がこれ1つでできるプラグインです。

他にもSEO対策できるプラグインはあるが、これ1つでほとんど完結させられます。

SEO対策をしたいなら、まずはこのプラグインを試してみてください。

All in One SEO – ベスト WordPress SEO プラグイン – 簡単に SEO ランキングを向上させトラフィックを増加させます

 

3. Jetpack

WordPress公式がリリースしているプラグインです。

  • アクセス解析(統計情報)
  • SNS連携(SNSへの共有ボタン、自動投稿)
  • 問い合わせフォーム
  • 関連記事一覧

といった便利な機能を一気に追加できます。

「とりあえず」で導入しておいて間違いないプラグインです。

Jetpack – WP セキュリティ、バックアップ、高速化、成長

【参考】ブログで稼ぐ!執筆や運用に役立つ厳選ツール9つ

 

プラグインを導入してWordpressの可能性を広げる

この記事では、Wordpressのプラグインを導入するメリットやおすすめのプラグインを解説しました。

プラグインを導入することで、あなたのサイトはより進化します。

ぜひ、活用方法に合わせてプラグインを導入してみてください。

【参考】Colorfulとは?WordPressテーマのデメリットや評判

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. 海外製ツールの値上げ
  2. WordPressとAmebaOwnd
  3. 時代遅れの社内ルール
  4. 雑談力
  5. ブログタイトル
  6. マイクロマネジメント
  7. ソーシャルビジネス
  8. ドミナント戦略
  9. VRIO分析

おすすめの記事

  1. みなし役員
  2. 損金算入
  3. フリーランスの契約書
  4. コンテンツ販売
  5. スマート農業
  6. Google Search Console
  7. パーキンソンの法則
  8. 社外取締役
  9. おじさん構文
  10. ダイバーシティ&インクルージョン
ページ上部へ戻る