Webライターの仕事を獲得する方法!2つの戦略について解説

Webライターとして活動したいですか?

それなら、駆け出し・プロを問わず、常に考えないといけないことがあります。

それは、売上を増やすこと。

そして、そのために、ネットで案件、つまり、仕事を獲得することです。

この時代、その方法も多種多様。

得意不得意もあり、メリットもデメリットもあるでしょう。

正しく選択しないと、かなり損してしまうことも。

この記事では、Webライターが仕事を獲得する方法と、それぞれの特徴について解説します。

【参考】副業Webライターを始めたい!最低限揃えたいツールは

 

Webライターの仕事を獲得

 

Webライターの仕事を獲得する2つの戦略

まず、Webライターが案件を獲得するには、大きく2つの戦略があります。

仕事の獲得においては、このどちらかの戦略を取ることになるでしょう。

具体的に見ていきます。

 

1. 営業型

営業型は、私たちライターから、クライアントへ売り込む方法です。

クラウドソーシングサイトなどの案件や求人に応募して、仕事を受注します。

メリットとしては

  • すぐ仕事に繋がりやすい
  • 比較的難易度も低い
  • 仕事範囲が明確で管理しやすい

といったことが挙げられます。

逆に、デメリットは

  • 報酬は低いことが多い
  • 変なクライアントと付き合うと時間や労力を浪費する

といったものです。

営業型は最初の実績づくり、素早い売上の確保に向いています。

また、信頼関係が築ければ安定して報酬を増やすことも可能です。

ただ、よほどの才能がない限り、そこに到達するには、かなりの時間が必要でしょう。

 

2. 非営業型

非営業型は、HPや連絡フォーム、メルマガなどを用意してクライアントからの連絡を待つ方法です。

こちらから営業しないので、その分の労力は減るかもしれません。

とはいえ、上記のツールを用意しているだけで獲得するのは至難の業。

Web広告やSEO、SNSなどを通じて注目してもらう工夫が必要になります。

メリットは、

  • クライアントを選べるためストレスが少ない
  • 最初から高額報酬をチャージしやすい
  • 仕事を自由に提案できる
  • リストがある安心感

というものがあります。

逆に、デメリットは

  • すぐに売上に繋がりにくい
  • 仕事量が多く、複雑になりやすいので管理が大変

といったものです。

非営業型は、短期的な売上よりも長期的な利益の獲得や、売上の増大に向いています。

【参考】初心者のWebライター向けフレームワーク3選

 

Webライターがネットで案件を獲得する方法

それでは、この2つの戦略毎に案件を獲得する方法をお伝えします。

 

営業型の方法

クラウドソーシングサイト

ベタな方法ですが、クラウドワークスランサーズのようなクラウドソーシングサイトを使うと素早く案件を獲得できます。

ただ、単価は安い傾向にあり、単発も多いです。

それでも、未経験でも案件が獲得できるのは魅力。

ゼロから実績を積み上げるには良いでしょう。

求人サイト

Indeed求人ボックスなど、転職やバイト探しでも使えるサイトを活用する方法です。

最近は、社会情勢の変化で、Webライター向けの在宅で完結する求人も増えてきました。

求人サイト経由は、ある程度の信頼が必要なためか、単価もクラウドソーシングサイトよりは高額なことが多いのが特徴。

安定的に案件を獲得できるでしょう。

ただ、その分、ある程度の実績がある人向けや時間の縛りがあることが多いです。

求人サイトで仕事が取れるなら、Webライターを本業でやっていくことも可能でしょう。

直接営業

SEO会社などは、Webライターを直接募集している企業もあります。

そこに直接応募、営業する方法です。

継続前提が多いので、安定して仕事が獲得できるでしょう。

探す手間はあるものの、長い付き合いになる可能性は高めです。

また、SEO会社のノウハウを学ぶことが出来れば、自分のスキルアップにも繋がります。

 

非営業型

ネット広告+LP

ネット広告を使ってリストを集め、メルマガで企画として案件を売る方法です。

こちらが売りたい仕事を自由に提案でき、単価も高めに設定できます。

ただ、難易度は高めでしょう。

一度Web面談を挟むなどで、信頼関係を築き、上手く案件に繋げる必要があります。

コンテンツマーケティング

有料・無料のコンテンツを配信して、そこで学んだ人をクライアントにする方法です。

当然ですが、コンテンツ作りの手間がかかるため、最初は労力がかかります。

しかも、成功するとは限らず、徒労に終わる可能性もあります。

しかし、うまくいけば、信頼関係の構築をコンテンツで完結させることが可能。

そうすれば、すぐにWebライターの仕事を獲得することが出来るでしょう。

【参考】スワイプファイルとは?ライターに役立つ資料の集め方

 

Webライターとして仕事を獲得しよう

この記事では、Webライターが仕事を獲得する方法について解説しました。

2つの戦略から方法を選んで、状況に応じて上手く使い分けることが重要です。

是非、参考にしてみてください!

【参考】Kindle出版を副業で始めるのに必要な3つのツールをご紹介

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. ノー残業デー
  2. 抜擢人事
  3. 有給休暇義務化
  4. am I infected
  5. ドリップマーケティング
  6. 週末起業
  7. メンター制度
  8. 女性起業家
  9. リードジェネレーション
  10. 週休3日制

おすすめの記事

  1. ステマ
  2. ConvertKitのAutomate
  3. 有期雇用の無期転換ルール
  4. Z世代のトリセツ
  5. Ubersuggest
  6. 労働審判
  7. フルリモート
  8. 正社員は不要
  9. 媒介契約
ページ上部へ戻る