エバーグリーンローンチとは?米国の起業家に大流行の施策

アメリカは世界屈指にして最先端のマーケティング大国。

そのアメリカの起業家達が、当然に行っている施策がエバーグリーンローンチ。

この施策を実践すると、多くの収益を自動的に生み出すことができます。

この記事では

  • エバーグリーンローンチとは何か?
  • プロダクトローンチとの違い
  • エバーグリーンローンチの全体像
  • エバーグリーンローンチが向いてるケース
  • 実現に役立つツール3選

について解説します。

【参考】オンデマンド販売とは?リスクゼロでグッズ販売しよう

 

エバーグリーンローンチ

 

エバーグリーンローンチとは?

エバーグリーンローンチとは、リストの登録者に、動画やステップメールなどを活用して、自動的に商品を販売していく施策です。

マーケティングオートメーションの1つとも言えます。

自動的に動く仕組みで、幅広い価格帯の商品を販売することが可能です。

 

プロダクトローンチとの違い

一般的なプロダクトローンチは、リストに対して一斉に案内を促し、単発で行います。

対して、エバーグリーンローンチは登録してくれた人毎に、プロダクトローンチを個別に行います。

そして、その流れを自動化して継続させるものです。

よって、「プロダクトローンチを、個別化・自動化したものがエバーグリーンローンチ」と捉えて問題ないでしょう。

【参考】マーケティングオートメーションとは?自動化への道

 

エバーグリーンローンチの全体像

次に、エバーグリーンローンチの全体像について解説しましょう。

個別の要素はモノによって異なりますが、大枠はこんな感じです。

エバーグリーンローンチ

まずは、Web広告などを通じて、ランディングページに集客します。

その後、ランディングページ経由で登録してくれた人へ、ステップメールを通じ、数日かけて一連のコンテンツを送り続けます。

そして、その後、セールスページ等で商品やサービスを販売するのです。

コンテンツは動画と動画専用の視聴ページをステップメールで案内して届けるのが一般的。

特典を使って、視聴とコメントを促す場合もあります。

【参考】LP(ランディングページ)とは?概要と作成ツール3つを紹介

 

エバーグリーンローンチが向いているケースは?

次に、エバーグリーンローンチが向いているケースについて解説します。

 

1. オンラインで完結するビジネスをしている場合

エバーグリーンローンチは、多くの場合、Web上で行います。

そのため、オンライン講座の販売やネットショップなど、オンラインで完結するビジネスは、エバーグリーンローンチに向いていると言えるでしょう。

逆に、オフラインでやろうとすると、かなり管理が大変になります。

 

2. 高単価な商品・サービスを自動的に売りたい場合

通常のマーケティングオートメーションでは、高額な商品は売りにくいもの。

しかし、エバーグリーンローンチは動画を使って信頼関係を作ることが多く、幅広い価格帯の商品を販売することができます。

その分、充分な利益を生み出す仕組みになるまでには手間がかかります。

【参考】クイズをマーケティングに!?アメリカで流行中の手法を紹介

 

エバーグリーンローンチの実現に役立つツール3選

最後に、エバーグリーンローンチの実現に役立つツールを3つご紹介しましょう。

 

Click Funnels

まずはこちら。

ラッセル・ブランソンが開発したビジネスの自動化を助けるツールです。

エバーグリーンローンチには、集客から販売までを自動的に行うファネルの構築が欠かせません。

Click Funnelsならファネルを比較的簡単に構築することが可能です。

 

Deadline Funnel

Deadline Funnelは、オンラインのキャンペーンに締め切りを作って、セールスを管理できるツールです。

アドレスごとに個別の締め切りを用意できるのが魅力。

そのため、全体の整合性を担保しながら、厳格に実施することができます。

 

Canva

一般的なエバーグリーンローンチでは、教育用の動画コンテンツが欠かせません。

そんな動画コンテンツをシンプルな操作で作れるのがCanva

もちろん、画像素材もまとめて作れます。

本格的な編集が必要なら、 より高度な編集ソフトを使うと良いでしょう。

【参考】ステップメールとは?メールマーケには欠かせない手法

 

エバーグリーンローンチで大きな利益を自動的に獲得しよう

この記事では、アメリカの起業家たちではメジャーな手法となっている、エバーグリーンローンチについて解説しました。

難易度は低くないかもしれません。

特に、最初の仕組みを作るには労力がかかります。

しかし、一度完成させるて軌道に乗れば、自動的に多額の利益を稼ぎ出してくれます。

ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【参考】クイズをマーケティングに!?アメリカで流行中の手法を紹介

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. リモハラ
  2. ブログタイトル
  3. AIDAの法則
  4. ヒートマップ
  5. プロボノ
  6. オフボーディング
  7. エンジニアに未経験で
  8. プロ人材
  9. 転職サイト

おすすめの記事

  1. Googleサービスの墓場
  2. 地雷クライアント
  3. カフェテリアプラン
  4. FABフォーミュラ
  5. 個人事業主の社会保険
  6. オープンイノベーション
  7. 時代遅れの社内ルール
  8. 媒介契約
  9. 朝活
ページ上部へ戻る