LP(ランディングページ)とは?概要と作成ツール3つを紹介

あなたは「LP」という言葉をご存じでしょうか?

ビジネスで用いられるWebページの一種なのですが、

「聞いたことはあるけどよく知らない…」

「マーケの人が時々使っているけど、どんなものかはよくわからない…」

と思っている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、LPとは何か、一般的なWebページとの違いや、LPを活用するメリット、作り方についてわかりやすく解説します。

LP

 

LP(ランディングページ)とは?

LPとは、Landing Page (ランディング ページ)の略称で、商品やサービスの販売、見込み客の獲得に特化したページのことです。

広義では「ページの訪問者が最初に訪れるページ」という定義になっています。

「Landing」とは「着陸」という意味で、検索エンジンや広告等を経由して自社のページに辿り着くことを形容し、「着陸ページ」と称しています。

LPには、商品の購入やメールアドレスの入力など、特定の行動へリードさせるなど、明確な目的があります。

特に、ネットを使って集客・販売をする多くの事業者は、LPを作って広告でたくさんの人に表示させるといった方法をとって、ビジネスを拡大させています。

ネットを使って短期間で売上・利益を獲得したいなら、必ず作っておきたいページです。

 

LPの特徴と一般的なWebページ(ブログ記事など)との違い

LPは、ブログやニュースサイトのような一般的なWebページと設計が大きく異なります。

一般的なWebページは、複数のページで記事が表示されることもありますし、他の記事へのリンクや、会社概要、広告など、多くのリンクが存在します。

一方、LPは縦長の1ページで表示されるシンプルなデザインです。

ページ内のリンクは購入決済ボタンやメールアドレス入力フォーム、特商法による記載など、集客や販売に必要なリンク以外は基本的に存在しません。

ヘッダーとフッターも、存在しない場合が少なくありません。

 

LPと呼ばれないWebページの多くには、広告をクリックする、関連する記事を見るなど、ユーザーに数多くの選択肢があります。

しかし、LPは「購入・登録するか、ウェブページを去るか」の2択から選ぶことになります。

これがLPと一般的なWeb ページの大きな違いです。

 

LPを作るメリットは?

LPを作る最大のメリットは、高い確率で購入や登録を促せることです。

お伝えした通り、LPには余計な情報がありません。

つまり、閲覧しているユーザーには、購入・登録か、ウェブページを閉じるかしか選択肢がないのです。

よって、その分、一般的な記事に広告を貼るよりも、注意力を分散させることがないため、購入に促しやすくなっているとされます。

また、「何人に見せて何人が登録・購入したのか?」が正確に計測・分析できるということもあり、集客・販売への成果が明確になります。

分析ができればテスト・改善をして、より効果的なページにすることも容易になりますし、売上を予測することもできるでしょう。

登録・購入の確率が明確になれば、広告の費用対効果もわかりますよね。

良いLPにはどんどん広告をかけて、多くの人に見せれば結果として、売上や利益を大きく伸ばすことができるようになります。

 

LPの作り方は? おすすめのツールを3つご紹介

昔はホームページと同様に、外注したりHTMLやCSSを学んで作る必要がありました。

しかし今は、外注すら不要なほど、スキルや知識が無くてもLPを作れる多くのツールが存在しています。

 

ここでは、LPを作れるツールを3つご紹介します。

 

Unbounce

LP

(参照元:https://unbounce.com/)

海外製のLP作成ツールです。

ドラッグアンドドロップの操作で簡単にLPを作れます。

テンプレートも豊富なので、知識やスキルがなくても成果の出し易いLPが制作できるでしょう。

残念ながら、日本語には対応しておらず、価格も少々高めかもしれませんが、14日間の無料トライアルがあります。

知識・スキルゼロでも直感的な操作で効果的なLPを作れますよ。

 

ペライチ

LP

(参照元:https://peraichi.com/)

これは日本の会社が開発したLP作成ツールです。

成果の出やすいテンプレートも複数あり、サポート体制もしっかりしています。

無料アカウントだと作れるページ数に制限がありますが、

「試しに作ってみて動かしてみたい」

「海外ツールはちょっと敷居が高い」

という方にはオススメです。

 

WordPress+Danganページビルダー(プラグイン)

LP

(参照元:http://pages.digitalcontent.tokyo/dpb/)

ブログやサイトを構築できるWordPressに、LPを作成できるプラグインを導入する方法です。

設定に少し手間と時間がかかるため、少々上級者向けになります。

ただ、WordPressで既にサイトがあるなら、Danganページビルダーを導入してLPを作成することが可能です。

よって、新しいツールを増やさずにLPを作ることができるでしょう。

Danganページビルダーを導入することで、Wordpress上で簡単にLPを作成する事ができます。

また、ポップアップ機能でより成約率の高いLPにすることも可能です。

買い切りツールなので購入費用以外は一切かからずに使い続けられるのも大変魅力的です。

WordPressにはDanganページビルダーの他にもLPに使えるプラグインやテンプレートがあります。

ぜひ、自分に合ったものを使ってみてください。

【参考】ConvertKitとは?できることやメリット、料金を簡潔に解説!

【参考】ConvertFlowってどう?評判や機能、特徴を解説!

 

LPを作成して集客・販売を行おう

今回は、LPの解説とメリット、 そして作るために便利なツールをお伝えしました。

LPはネットを使って集客・販売を短期間で行う上で大変価値のあるページになります。

ホームページやブログ、YouTubeやSNSを活用したとしても、最終的にはLPに誘導しているということが少なくありません。

ぜひ、LPを作成して集客・販売を効果的に行い、あなたのビジネスを成功に導いてください。

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. 無人店舗
  2. インセンティブ制度
  3. 社会保険
  4. アンカリング効果
  5. Bitrix24
  6. 職場の人間関係
  7. ウェルビーイング
  8. ブログタイトル
  9. ホラクラシー
  10. キャリア防衛

おすすめの記事

  1. ジュニアボード制度
  2. 海外のマーケティング
  3. 開業届
  4. レンタルビジネス
  5. 出口戦略
  6. リモハラ
  7. ノー残業デー
  8. EmailOctopus
  9. フレームワーク
  10. Chrome拡張機能
ページ上部へ戻る