QUESTフォーミュラとは?ライター用フレームワーク

「LPやセールスレターを作成しても、なかなか売上が増えない。」

「書いているブログや記事広告が伝わりにくい。」

「人に伝わり、動かす文章・コンテンツが作れない。」

ビジネスで成果を出すために文章を書いていると、生じる悩み。

「文章で売り上げを作る」のは想像以上に大変です。

そんなあなたにオススメしたいのが、QUESTフォーミュラ。

比較的新しい概念でありながらも、多くのコピーライター・セールスライターに支持されている成果が出やすいフレームワークです。

この記事では、QUESTフォーミュラを、実際の文章をもとに解説していきます。

【参考】PASONAの法則とは?コピーライター必須のテンプレを解説

 

QUESTフォーミュラ

 

QUESTフォーミュラとは?

QUESTフォーミュラとは、アメリカTOPクラスのセールスライターであるマイケル・フォーティン氏が提唱した技法・フレームワークです。

日本では、QUESTの法則とも呼ばれます。

QUESTは、英単語の頭文字を繋げたもので、それぞれ、

Q → Qualify (絞り込む,直訳だと”資格を与える”など)
U → Understand (共感・理解する)
E → Educate (教育・啓発する、解決策を伝える)
S → Stimulate (刺激して購入意欲を高める)
T → Transition (変化、行動を促す)

という意味。

この順番で、伝えるべき情報・コンテンツを並べて書くだけ。

そうすれば、反応率が高いLP・セールスレターが書けるという法則なのです。

売り上げを作るための文章で有用というわけではありません。

通常のコンテンツ記事や電子書籍、書籍でも適用できる、幅広いフレームワークです。

 

提唱されているその他のフレームワーク

マイケルフォーティン氏は、他にも様々なフレームワークを提唱しています。

例えば、

  • GDTの法則
  • OATHの法則

が、その他の代表例。

DRMやコピーライティングに有効なフレームワークを数多く提唱しています。

※DRM = ダイレクト・レスポンス・マーケティングの略称

チェックしてみると良いかもしれないですね。

【参考】AIDAの法則とは?マーケ用のフレームワークの基本

 

QUESTフォーミュラを例文と一緒に詳しく解説

それでは、QUESTの各項目を例文と一緒に解説していきます。

 

Qualify(絞り込む)

まずは、Qualify(絞り込む)です。

あまり聞かない単語かもしれませんね。

これは、「適任する」や「資格を与える」という意味の言葉。

広告で最も重要なヘッドラインの部分で使用します。

「特定の人=見込み客・顧客に絞り込む」ためのメッセージを作って伝えるということです。

なぜ絞り込むべきなのか?

これは、DRMで売っている商品・サービスは、見込み客・顧客がかなり限定されていることが多いからです。

だからこそ、その人たちに絞り込むことで、その後のメッセージを高い確率で読んでもらいやすくなるのです。

絞り込むにはどうしたらよいのか?

「絞り込んだほうが良いことは分かったけど、具体的にはどうしたらいいの?」

そう思う人も少なくないかもしれません。

具体的な方法と、例文をお伝えしましょう。

方法①:ターゲットに関する情報を入れて超具体的にする

ターゲットに関する情報を入れましょう。

例えば、職業・職種。

他には、性別や年齢などもいいですね。

なるべく具体的にすることで、ターゲットを絞り込むことができます。

こうすることで「これは自分のことかな」と思ってもらえるでしょう。

絞り込みに使う情報は商品やサービス、あなたのビジネスによって変わります。

例えば、

×:Webライターへ

○:クラウドソーシングサイトで日々営業しているけど月5万円すら稼げていないWebライターへ

といった具合です。

他には、地域・職種で絞り込むのもオススメです。

例:○○県で会社を経営している不動産会社の社長さんへ

方法②:悩み・願望を入れる

ターゲットが抱えている悩み・願望を表現することでも絞り込みができます。

例1:採用を自動化して、社長であるあなたはゴルフに出かけられます

例2:資金繰りに困って眠ることすら難しい社長へ

といった具合です。

 

Understand(共感・理解する)

次にUnderstand(共感・理解する)です。

彼らの抱えている問題・悩み、叶えたい目標・願望を理解しましょう。

そして、彼らが共感するような文章を書くのです。

例えば、記事冒頭にあった

「LPやセールスレターを作成しても、なかなか売上が増えない」

という文章も共感・理解のパーツです。

この要素を入れることで、「これは自分に関係ある」と思ってもらえるようになります。

共感・理解を示すには?

「共感・理解している」ことを表現するのに、実体験・ストーリーを活用するのは効果的。

特に、売っている商品・サービスが、あなたが過去に困っていたこと、問題と思っていたことを解決するものであったのなら、あなた自身の体験談を書くだけで成立します。

「ストーリーはちょっと難しい」と思ったら、問題や悩みを羅列するのも良いでしょう。

例1:これは、ある2人の起業家の話です。~

例2:お金が足りなくて、借金してしまいました。~

また、問題の羅列をするのも効果的です。

例3:中々筆が進まない

例4:感情が動くような文章が書けない

また、既に顧客がいるなら、顧客のストーリーを提示するのも良いでしょう。

例5:資金繰りに悩んでいた林さん(仮名)はなぜ、悩むことがなくなったのか?

効果を強くするポイントとしては、

  • 解決しなかったら迎えていたであろう結末を伝える
  • 解決した後の良い結末を伝える

といったところです。

Educate(教育・啓発する、解決策を伝える)

次に、Educate(教育・啓発する、解決策を伝える)について解説します。

このフェーズは、提示した悩み・問題について情報を提供して、解決策を伝える段階です。

問題や悩みの原因・ロジックについて簡潔に解説しましょう。

そして、売りたい商品・サービスを買うことで解決しますよ、と伝えます。

これが無いと、押し売りのようになってしまいます。

そして、根拠がなく「怪しい」商品・サービスだと思われてしまうでしょう。

分かりやすく書く事はもちろんのこと、論理的な文章構成が求められます。

また、原因や解決策についての証拠・根拠をしっかり解決することも必要です。

見込み客・顧客が買わない理由を消すように書くと、更に効果的です。

例1:ライティングが上手くいかない原因

例2:採用でよくある間違い

 

Stimulate(刺激して購入意欲を高める)

次にStimulate(刺激して購入意欲を高める)です。

商品・サービスの詳細を明かして、証拠・実績・お客様の声やベネフィットを示します。

顧客や見込み客が得られる結果・未来を先に体験してもらうように書くのがコツ。

そうすることで、購買意欲を刺激できるでしょう。

例:このライティングテンプレートを使えば、素早く文章を書きあげて、時短した上でクライアントに喜ばれる文章を書く事ができ、報酬を増やすことができます。そうすると…

 

Transition(変化、行動を促す)

最後にTransition(変化、行動を促す)です。

より具体的なオファー(価格、申込期限、購入方法)を示します。

もし、あるのなら特典や保証についても話すとよいでしょう。

「購入を後押しするにはどうしたらいいのか?」を考えると、書きやすいですよ。

例:○○日までなら30%OFF、購入方法はカード一括払い、分割払い…

といった具合です。

【参考】初心者のWebライター向けフレームワーク3選

 

QUESTフォーミュラで成果を出すポイント

最後に、QUESTフォーミュラで成果を出すポイントについてお伝えしましょう。

 

リサーチは必須

どの項目もリサーチしなければ適切な情報を書くことはできません。

フォーミュラを使ってレターを書く前に、リサーチを十分に行いましょう。

QUESTフォーミュラに合わせて情報を集めると効率良くできます。

 

Qがかなり重要

一番最初のQualify(絞り込む)はヘッドラインになるので、特に重要です。

広告の父と言われているデイヴィッド・オグルヴィも、

「ヘッドラインは本文の5倍読まれる(つまり、ほとんどの人がヘッドラインだけしか読まない)」

と言っています。

ヘッドラインこそが、成果を大きく左右しているのです。

リサーチをしっかり行って、Qの案をいくつも作りましょう。

Qを変えるだけで成果が一気に伸びることもありますよ。

【参考】ストーリーテリングとは?共感や感動で集客する手法をご紹介

 

QUESTフォーミュラで成果を出す

この記事では、QUESTフォーミュラについて解説しました。

LPやセールスレターで、高い反応と売上を出すのに便利なフレームワーク。

ほとんどの文章で使える幅広さもあるので、使いこなせるようになると便利です。

ぜひ活用して、あなたのビジネス拡大に役立てましょう。

【参考】ペルソナ分析とは?現代のマーケターには必要不可欠のスキル

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. みなし残業
  2. 無人販売
  3. 現物出資
  4. ゆでガエル理論
  5. 転職でハローワーク
  6. TimeRex
  7. 行事
  8. Chrome拡張機能
  9. 円満退職を実現
  10. アパート経営の失敗

おすすめの記事

  1. Z世代
  2. 媒介契約
  3. ステップメール
  4. フランチャイズのトラブル
  5. 部下の叱り方
  6. ロジックツリー
  7. ゆでガエル理論
  8. 正社員
  9. 無人店舗
ページ上部へ戻る