エバンジェリストとは?主な活動内容や求められる能力

IT、DXを活用した業務の自動化や効率化が活発になっています。

しかし、業務の自動化ツールを社内に導入したり、IT関連製品を売り出す際には、それらに精通したスペシャリストの存在が欠かせません。

この記事では、幅広い分野において次世代を担うエバンジェリストについて、その意味や主な活動内容を始め、エバンジェリストに求められるスキルや能力について解説します。

【参考】IT介護とは?IT音痴が引き起こす問題と採り得る4つの対策

 

エバンジェリスト

 

エバンジェリストとは?

エバンジェリストとは、IT業界における比較的新しい概念の一つで、最新のテクノロジーやITのトレンド、ツールや製品についてわかりやすく解説したり、啓蒙したりする役割を担う人を指します。

これは、キリストの教えを人々に伝え広める伝道師(Evangelist)が語源。

ITの知識や可能性、実用性を、自社の社員やクライアント、その他ビジネス関係者に正確に伝えることが大きな使命です。

社内にエバンジェリストがいれば、製品やサービスの価値が何倍にも向上します。

そのため、特にIT関連製品の販売、提供を行う企業には不可欠な存在と言えるでしょう。

国内の有名なエバンジェリストとしては、

が挙げられるでしょうか。

 

エバンジェリストが注目される背景

実は、以前からエバンジェリストという概念は存在していました。

しかし、注目される機会は限られていたのが実情。

一方で、昨今、デジタル革命やDXの到来によって、業務の自動化が行われたり、最新のテクノロジーがあらゆる場面で導入されたりと、ITに触れる機会は飛躍的に増加しています。

そのため、改めてその存在が注目されるようになったのです。

実際、エバンジェリストというポストを社内に設置する企業も増えてきました。

【参考】ウェビナーとは?今さら聞けない、導入すべき3つのメリット

 

主な活動内容

エバンジェリストの主な活動内容について見ていきましょう。

 

自社の社員向けのインナーマーケティング

社内で何か新しいITツールを導入した際、もしくは新製品を開発した際。

多くの企業では、自社の社員向けのインナーマーケティングを実施します。

それらを扱う上で最低限押さえておくべき知識や特徴、活用法について指導を行います。

誰もが納得、理解できるよう教育するのです。

 

クライアント、ユーザー向けの個別デモンストレーション

また、時には社外に出向くこともあります。

新製品や新技術の導入を検討しているクライアントやユーザーに対して個別のデモンストレーションを行うのです。

製品やサービスの特徴や機能、その他詳細について正確に伝えるのはもちろん。

相手が現状抱えている問題や課題を分析し、それらを解決できる商品を提案するためのコンサルティングも行います。

 

イベントでのプレゼンや啓蒙活動

その他にも、

  • IT関連のエンジニアや企業が集まる展示会
  • ビジネスコンテスト
  • セミナー

といったイベントに参加し、不特定多数の人に向けて自社の製品をプレゼンすることも。

当然、企業の代表としてそれらのイベントに参加することになります。

そのため、中途半端な知識では務まりません。

【参考】ダイバーシティ&インクルージョンとは?先進的な企業の常識

 

エバンジェリストに求められるスキル、能力

ただITに詳しいだけではエバンジェリストにはなれません。

エバンジェリストとして活動するためには、主に以下の3つのスキル、能力が必要です。

 

1、専門的知識を素人に納得してもらうためのプレゼン力

ITや最新のテクノロジーに関する高度な専門的知識を有していることは当然。

そして、それを自分で解釈するだけでなく、納得、理解してもらわなければなりません。

そのため、専門用語をわかりやすく伝えるための語彙力やプレゼン力は必須。

かつ、基本的なコミュニケーション能力や対話力も必要になるのです。

 

2、相手が抱えている問題や課題を分析し、解決する力

前述したように、エバンジェリストは活動の一環として、クライアントやユーザー向けにデモを行うこともあります。

そのため、まず話を聞いた上で、相手が抱えている問題や課題を見極める必要があります。

よって、

  • 基本的なコンサルティング力
  • 状況や相手の要望ごとに的確な製品やサービスを提案するための機転の良さ

も必要な素養となります。

 

3、最新のトレンドやテクノロジーに関する情報収集力と学ぶ力

ITサービスの市場は常に拡大を続けています。

そして、短いスパンで、次々に新しい技術や製品が生まれます。

そのため、エバンジェリストには、常に新しい情報を持つことが求められます。

最新のトレンドや最先端のテクノロジーに関して常にアンテナを張り、情報収集したり知識を身につけたりするなど、学び続ける姿勢も必要不可欠なのです。

【参考】プロ人材とは?政府も進める地方創生の切り札について知ろう

 

エバンジェリストの活動に注目しよう

デジタル化やITの導入が進む中、エバンジェリストの役割や活躍の場も今後ますます広がっていくでしょう。

特にこれからの時代、企業の成長やイノベーションの創出のためには、エバンジェリストのようなITに精通している人材の活用が必須。

社内で相応しい人材を発掘したり、育成したりするのも良いでしょう。

【参考】アグリゲーターとは?役割や求められる能力を分かり易く解説

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. フレーミング効果
  2. ファクタリング
  3. 競争戦略
  4. 電子帳簿保存法
  5. Smartmockups
  6. Canva
  7. ハラスメントの事例
  8. ステップメール
  9. サブスクリプション

おすすめの記事

  1. 新卒フリーランス
  2. ダイレクトソーシング
  3. パワハラ上司を訴える
  4. 縁故採用
  5. サードパーティ製
  6. Chrome拡張機能
  7. オンデマンド販売
  8. 失業手当
  9. 女性起業家
  10. 青色申告と白色申告
ページ上部へ戻る