Shopifyエンジニアは儲かる?想定年収やメリットを解説

「エンジニア」と一言で言っても、その仕事は多岐にわたります。

機械系、半導体に加え、情報システムやソフトウェアのエンジニアまで、幅広いものです。

情報系で言えば、例えば、Java、PHP、Pythonなど。

プログラミング言語毎や、業界ごとに、専門のエンジニアが存在しています。

その中でも、「Shopifyエンジニア」というものの存在はご存知でしょうか?

  • EC業界の成長
  • 需要の高まり
  • キャッシュポイントの多さ

といった点から、かなり注目されているのです。

この記事では、20代・30代で転職を考えている人向けに

  • Shopifyエンジニアとは
  • 2大メリット
  • 具体的な仕事内容
  • Shopifyエンジニアの年収
  • Shopifyエンジニアになるためのポイント

について解説します。

【参考】WordPressの代行・サポートは起業や副業向き?(前編)

 

Shopifyエンジニア

 

Shopifyエンジニアとは?

Shopifyエンジニアとは、eコマースプラットフォームである「Shopify」の開発や運用を担当するエンジニアを指します。

近年、eコマース市場の拡大に伴って需要が高まってきています。

技術者は引く手数多となっており、年収も高くなっています。

また、エンジニアとしての技術力だけでなく、WebマーケティングやECビジネスの知見も身に付けることができます。

さらに、自分で、副業でネットショップを始めることもできるでしょう。

単なるエンジニア職以上に可能性があるのです。

【参考】SNS運用代行は儲かる?報酬の相場はどれくらい?(前編)

 

Shopifyエンジニアの2大メリット

Shopifyエンジニアには、他のエンジニア職にはなかなかない、2つのメリットがあります。

 

1. Webエンジニアの中でも需要が多い

  • ECサイト自体の需要が多いこと
  • ECサイトはその事業の収益に直結すること

この2点から、Shopifyエンジニアの需要が増えています。

これからも、EC業界は伸びていくであろうとの予測があります。

うまくいけば、売上毎のロイヤリティ契約も可能で、高収入を見込むこともできます。

 

2. キャッシュポイントが多いから副業の幅も多い

キャッシュポイントとは「収益を得る機会」のことです。

この、キャッシュポイントが多ければ、その分、総合的な収入が増えやすくなります。

そして、Shopifyエンジニアは、キャッシュポイントの多さも魅力的です。

いくつか例をあげると、

  • サイトの立ち上げ・制作(パートナーシステムロイヤリティが貰える)
  • 運用代行
  • テーマ開発
  • アプリ開発
  • コンサル

と、5つの方法で収益を得ることが可能です。

そのため、実力をつければ、案件の幅が広く、それだけお金に繋がりやすいと言えます。

さらに、

  • 自分のネットショップの立ち上げ
  • Webマーケティングのツール販売

なども可能。

この2つは、上手くやれば、自分がずっと働かなくても収益が上がるビジネスにできます。

これらのキャッシュポイントの豊富さも、Shopifyエンジニアのメリットと言えるでしょう。

【参考】副業コンサルは儲かる?5つのメリットと4つのコツ

 

Shopifyエンジニアの具体的な仕事内容

まず、Shopifyエンジニアの主な仕事としては、以下の通りです。

  • サイトの立ち上げ
  • ページの制作
  • サイト運用のサポート
  • デザインの改善
  • Shopifyの機能拡張・カスタマイズ
  • 独自アプリ、テーマの開発

他にも、エンジニア的な業務以外に

  • ECサイトの運営
  • ECサイトの改善提案
  • Webマーケティング施策の提案・実行

にも、手を拡げやすいでしょう。

あなたのスキル次第で、様々な案件の獲得が可能です。

【参考】クリエイティブ職は儲かる?改めて考えたい魅力と適性

 

Shopifyエンジニアの年収

求人ボックスによると、ECサイト・Webエンジニアの年収は平均521万円です。(2023年時点)

もちろん、これはあくまで目安で、就業形態などで大きく変わります。

実力があって、大きな会社を相手に出来れば、収入も高くなるでしょう。

また、ECに携わることから、副業で

  • ネットショップの運用やアドバイス
  • Webマーケティングのコンサル

など、ビジネスに直結する仕事を獲得できるのも強みと言えます。

【参考】起業・副業を支援するビジネスは儲かる?その訳と事例を解説

 

Shopifyエンジニアになるためのポイント

Shopifyエンジニアとして転職することで、あなたの年収アップが見込めます。

以下のようなポイントを押さえてください。

 

1. 未経験でもOKの求人に挑戦する

まず、数は少ないですが、未経験求人に応募するのも手です。

もし決まれば、収入の不安なく、働きながらスキルアップできます。

ただし、収入的には少し低い状態から始まるでしょう。

また、年齢も20代前半程度でなければなかなか厳しいかもしれません。

 

2. 独学・スクールで学ぶ

書籍や学習サイト、スクールを利用するのも良い方法です。

良い求人に応募できるチャンスも増えます。

もちろん、費用はそれなりにかかるかもしれません。

しかし、良い求人に応募できるなら、元を取れる可能性は十分にあります。

ただし、悪徳な教材・スクールもあるので、注意してください。

 

3. ポートフォリオを作る

ポートフォリオサイトを作ってアピールすることも有効な方法です。

もちろん、これには、独学も必要になります。

尚、「Shopifyパートナー」になれれば、サンプルサイトをノーコストで作れます。

無料で実績作りをすることも可能でしょう。

もし、将来的に独立したとしても、営業用の資料として使えます。

 

4. ネットショップの運用から入る

Shopifyを使ったネットショップをまず立ち上げてしまうのも手です。

運用実績などをアピールしつつ、技術面の実績を積んでエンジニアになることもできます。

もちろん、ネットショップの運営には、相応に時間もコストもかかります。

しかし、一連の業務の流れを把握し、幅広い技術を一気に身に付けることが可能です。

【参考】副業Udemy講師とは?儲けるための方法やコツを解説

 

Shopifyエンジニアになって多くのチャンスを掴め

この記事では、Shopifyエンジニアについて解説しました。

このエンジニア職の最大の魅力は、成長し続けているECに携わる業務ができることです。

だからこそ、多くの収入を得る機会があります。

また、副業でネットショップの運営を行うことも可能。

気になる方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【参考】ミドルの転職で求められるスキルと成功するための条件

関連記事

最新の記事

  1. 家賃の値下げ交渉
  2. 木造・鉄骨造・RC造
  3. 集中ブース
  4. オーバーローン
  5. 不動産取得税
  6. 定期借家契約
  7. 融資審査に落ちた
  8. シェアハウス投資
  9. 賃貸経営の差別化戦略
  10. 不動産小口化商品

ピックアップ記事

  1. 合同会社
  2. 副業から起業
  3. WordPressでLP
  4. 裏アカ
  5. カジュアル面談
  6. アウトライナー
  7. 副業解禁
  8. Z世代のトリセツ
  9. コピーライティング

おすすめの記事

  1. 合同会社
  2. アサーション
  3. 媒介契約
  4. 時短勤務
  5. 労働基準監督署
  6. ドライな職場
  7. Outgrow
  8. プロダクトローンチ
  9. 減資
  10. ファクタリング
ページ上部へ戻る