ConvertKitのAutomate機能でメールマーケを自動化!

商品を自動的にマーケティング、販売する上で、ステップメールは必須とも言えます。

そして、ConvertKitでそのステップメールを実装し、マーケティングを自動化するには、Automate機能の利用が不可欠です。

この記事では、メールマーケツールであるConvertKitの、Automate機能を解説します。

【参考】ConvertKitでランディングページを無料で作る方法

 

ConvertKitのAutomate

 

ConvertKitのAutomate機能でできること

まずは、ConvertKitのAutomate機能でできることを解説しましょう。

 

ステップメールの実装

メールマーケティングの自動化にはステップメールが欠かせません。

Automate機能で”Sequence”を実装して、送ることができます。

Sequenceとは、一連のステップメールセットのこと。

狙ったタイミングで、狙った内容のメールを順番に送信していきます。

ConvertKitでステップメールを実装するなら、これが必須です。

 

条件に合わせたコンテンツの自動配信

Automate機能では、条件分岐とそれに合わせたアクションを設定できます。

そのため、条件に合わせてステップメールを配信したり、顧客を分類可能です。

例えば、「商品を買った人向け」「買わなかった人向け」で分けられます。

【参考】ConvertKitのメールテンプレート機能を解説

 

ConvertKitのAutomate機能でステップメールを送る方法

それでは、ここからステップメールを送る具体的な方法について解説します。

 

ステップメールを作成する

まずは、ステップメールを作成しましょう。

「Send」から「Sequences」を選択。

ConvertKitのAutomateのSendからSequence
「New sequence」を選択しましょう。

新しい Sequense を作るという意味です。

ConvertKitのAutomateのNewSequence

名前を決め、メールを作成します。

ConvertKitのAutomateのSequenceName

「Add Email」で「Sequense」に含まれる通数を増やせます。

ConvertKitのAutomateでAddEmail
そして、メールを送るタイミングは、「Send email」で設定

ConvertKitのAutomateで設定
タイミング設定のポイントは以下の通りです。

  • 最初の一通目をimmediately(数字を0)に設定すると、登録後すぐにメールが送られる
  • その後は最後のメールから●日●時間経ったら送られるようになる

例えば、登録直後を含めて、3日間送りたいなら、

「immediately」→「1Day」→「1Day」と設定します。

 

オートメーションを設定する

「Automate」機能から、「Visual Automation」を選択してください。

ConvertKitのAutomateでAutomation設定

そして、「New Automation」を選択します。

ConvertKitのAutomateでNewAutomate設定

そうすると、テンプレートを選ぶことができます。

しかし、今回は「Empty Automation」(オートメーションなし)で説明します。

ConvertKitのAutomateでVisualAutomation

メールを送る相手の条件を決めます。

ConvertKitのAutomateでJoinaForm

例えば、以下のような条件設定が可能です。

  • メールアドレスをフォームに入力した人(Join a formからフォームを選択)
  • 特定のタグを設定した人(Is added to a tagから該当するタグを決定)
  • 特定の商品を購入している人(Purchase productから該当する商品を決める)

Actionを追加します。

そして、「Email sequence」を選択しましょう。

ConvertKitのAutomateでAction
そして、送りたい「Sequence(ステップメール)」を選択。

ConvertKitのAutomateでAddAction

 

その他の機能を使いこなす

他にもできることの一例をご紹介します。

特定の商品を購入した人にメールを送りたい場合

「Event」→「Purchase」で条件を設定することができます。

自動的にタグをつけておきたい場合

「Add or remove a tag」を設定します。

全体的なルールを設定したい場合

「Automate」→「Rules」で設定します。

他にも、色々な機能があります。

【参考】ConvertFlowってどう?評判や機能、特徴を解説!

 

Automate機能でステップメールを実装!

この記事では、ConvertKitのAutomate機能について簡単に解説しました。

ステップメールを送る以外にも、様々なことができます。

ぜひ試してみてください!

【参考】ConvertKitとは?できることやメリット、料金を簡潔に解説!

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. 労使協定、就業規則、労働協約
  2. STP分析
  3. 再建築不可物件
  4. 有効求人倍率
  5. プロパーローン
  6. フリーランス協会
  7. BtoBマーケティング
  8. 労働基準監督署
  9. 税理士

おすすめの記事

  1. コピーライティング
  2. やりたい仕事がない
  3. SendinBlue
  4. MeisterTask
  5. 不動産投資で節税
  6. 移動販売
  7. 残業命令
  8. 労働審判
  9. MIkomi
ページ上部へ戻る