AIDAの法則とは?マーケ用のフレームワークの基本

AIDAの法則を聞いたことがあるでしょうか。

これは昔からマーケティングやコピーライティングで使われている法則・フレームワーク。

社長・起業家はもちろん、Webマーケッターやコピーライターにも必須の法則です。

この記事では、マーケターならぜひ押さえておきたい、AIDAの法則について解説します。

【参考】PASONAの法則とは?コピーライター必須のテンプレを解説

 

AIDAの法則

 

AIDAの法則とは?

AIDAの法則は、アメリカの広告業界のトップに君臨したとされるセント・エルモ・ルイス氏が1898に提唱した法則です。

消費者が広告を確認してから商品・サービスを購入するまでの心理的な流れを示したもの。

  • Attention
  • Interest
  • Desire
  • Action

それぞれ英単語の頭文字となっています。

これは、「消費行動の仮説」に関する最初のマーケティング理論でもあります。

AIDMAやAISASなど、AIDAの法則を基礎として時代に合わせて様々な法則が作られました。

マーケティングはもちろんのこと、LPやセールスコピーの流れもAIDAの法則になっていることが多いのです。

【参考】LP(ランディングページ)とは?概要と作成ツール3つを紹介

 

AIDAの法則を詳しく解説

ここからは、AIDAの法則をそれぞれ詳しく見ていきます。

 

Attention(注意)

まず、顧客、見込み客が注目する段階です。

私たちは顧客・見込み客の注意を引き、商品やサービスの存在を知ってもらうことを目的として施策を打ちます。

例えば、具体例として、

  • バナー広告の画像
  • ヘッドライン
  • キャッチコピー
  • 動画のサムネイル

などが該当するでしょう。

これは、最初にして、かつ、かなり大きな壁。

アイディアが問われることも多いフェーズです。

派手だったり、奇抜だったりするテレビCM・YouTube広告があるのは、それが注意を惹く段階の施策だからです。

まず、見込み客・顧客の注意をどうやって引くか?を考えましょう。

 

Interest(興味)

次に、見込み客が興味を持ち始める段階。

私たちは商品やサービスへ興味・関心を持ってもらうための活動を行います。

この段階になってから、

  • 商品のベネフィットを伝え始める
  • ストーリーを話す
  • 問題提起を行う

などして、「私に関係ありそう」と興味・関心を持ってもらいます。

例えば、ヘッドライン、書き出し(リード文)などが、Interestに当たります。

 

Desire(欲求)

その次が、見込み客・顧客の頭の中に商品・サービスに対しての欲求が生まれてくる段階。

興味を喚起した次のステップとして、欲求を刺激して引き出すための活動やアクションを取ります。

  • 商品のベネフィットを伝える
  • お客様の声や保証を伝える
  • 実際に試してもらう

といった施策から欲求を強化しましょう。

具体例としては、商品のベネフィット・USPを伝える部分、事例、試食などがあります。

 

Action(行動)

最後に、見込み客・顧客が購入のために動く段階です。

この段階に来たら、

  • 購入を後押しするような情報を提示する
  • 適切なオファーを行う

などして、購入を促しましょう。

  • 実際にどうやったら購入できるのかを示す
  • 期間限定のオファーを行う

などして、購入に促すと良いです。

具体例としては、

  • 期間限定の割引(タイムセール)
  • 購入方法の提示
  • 品質保証・返品保証

などがあります。

【参考】サイト訪問者を効率良く見込み客に変える施策5選

 

AIDAの法則を活用するコツ

最後に、AIDAの法則を充分に活用するコツを解説します。

 

それぞれの施策がどの役割を満たしているか把握する

マーケティングの流れをAIDAの法則に沿って作ると、効果的な施策になります。

それぞれの施策には繋がりがあります。

どれがどの役割を果たしているのか?を考えてつなげましょう。

例えば、

  • バナー広告 → Attention
  • LP → Interest
  • ステップメール → Desire
  • セールスレター → Action

といった具合です。

実際は、1つの施策が複数の役割を果たすこともあるでしょう。

複数の施策が1つの段階を満たすこともあります。

例えば、LPで直接販売する場合、Interest・Desire・ActionをすべてLPが担うことになるでしょう。

  • 流れに沿っているか?
  • 漏れがないか?

をしっかり確認してください。

 

Attentionに力を入れる

「全部をうまくやるのは大変」と思うかもしれません。

そんな時は、Attentionを優先しましょう。

もちろん、全体が整っているのが理想ではあります。

しかし、注意が引くことができなければ、後の施策が良くても無駄になってしまいます。

まずは、Attentionに注力するようにしましょう。

【参考】LPのCV率を向上させるためのアクション5選

 

AIDAの法則でマーケティング・セールスを効果的に

この記事では、AIDAの法則を解説しました。

古典的ですが、人の購買心理の原理原則は今も変わりません。

現在でも十分通用する法則なので、ぜひマスタ―しましょう。

【参考】えっ、何で?「詰め替え用」がなぜかボトル入りより高い理由

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. 働き方改革の成功事例
  2. 求人サイト
  3. 開業届
  4. 損金算入
  5. ニッチ戦略
  6. Googleフォーム
  7. ビジネストレンド
  8. 登記簿謄本
  9. ピーターの法則

おすすめの記事

  1. 空室保証
  2. 社外取締役
  3. ストレスマネジメント
  4. CanvaでマンガLP
  5. フロントエンド商品
  6. PASONAの法則
  7. 封筒にブーメラン
  8. アサーション
  9. エジソン
  10. いきなり起業
ページ上部へ戻る