Kindle出版を副業で始めたい!初心者用の無料ツール7選

最近副業として注目されてきているKindle出版。

インフルエンサーの発信によって一気に知名度が上昇しました。

会社員をしながら印税だけで月1~5万円を稼いでいる人も少なくないんだとか。

他の副業と違って、出版しておけば自動的に収入が入る点も魅力的です。

しかし、どうやって始めたらいいのか?どんなツールを揃えたらいいのか?と疑問に思う人も少なくないはず。

この記事では、副業でKindle出版を始めたいあなたに、必要なツールを出版の流れに沿ってご紹介していきます。

Kindle出版

 

Kindle出版の具体的な5つのステップ

具体的なツールを紹介・解説する前に、Kindle出版の業務・流れについて解説します。

この流れを知っておくとツール解説のときにイメージがしやすくなりますよ。

 

①書籍のテーマを決める

まず、書籍のテーマを考えます。

どんな書籍であればニーズがあるのかをリサーチしながら、あなた自身の経験や知識スキルをベースに、書籍のテーマを決めていきましょう。

このテーマ設定の段階で、本が読まれるかどうかが決まると言っても過言ではありません

しっかりと時間を取って、ニーズがあるかどうか入念にリサーチを行ってください。

 

②書籍の構成を作る

テーマが決まったら書籍の構成を決めます。

何をどのような流れで伝えるのか、よく整理しましょう。

読者にとって理解しやすく、魅力的なアウトラインを作成することが重要です。

 

③原稿を完成させる

構成が完成したら、本文の執筆・編集を行い、原稿を完成させます。

副業の場合、プロの編集者がついてくれるということはまずありません。

なので、原稿の品質は自分次第

締め切りを設定していなければ、納得いくまで見直すことができます。

書いた後にはしっかりと見直しを行い、誤字・脱字を修正し、原稿の質を高めましょう。

 

④表紙と説明文を作る

本を購入してもらうために、魅力的な表紙と、Kindleストアの販売ページに掲載する説明文を作ります。

特に表紙の品質は、中身の品質に比例すると見られやすいところ

YouTubeも「サムネイルが命」と言われますが、書籍も、表紙は非常に大事なのです。

どんなに中身が素晴らしくても、表紙があまりに素人じみていると、読んでみようという気にはなりません

 

⑤出版手続きを行う

文章を書いた原稿をWord形式・epub形式で書き出し、電子書籍として出版できる形式に変換します。

その後、出版用のフォームに従い、原稿ファイルをアップロードして、出版手続きを行ってください。

問題がなければ自動的に出版され、Amazonから検索できるようになります。

副業として稼ぐ場合には、この流れを繰り返して、複数の本を出版することになるでしょう。

kindle出版

 

副業Kindle出版に必要なツール7つ

ここからは Kindle 出版を実践するのに必要な無料で使えるツール7つを流れに沿って解説していきます。

 

質問サイト&キーワード検索サイト

リサーチをして書籍のテーマにつながるアイディアを出すには、質問サイトや検索ワードの調査が有用です。

Yahoo知恵袋、教えてgoo、Google広告

①Yahoo知恵袋、②教えてgoo

Yahoo知恵袋」や「教えて!goo」のような質問サイトで悩み・問題を調べるのはおすすめです。

あなたの趣味や本業で活躍できていること、 好きなことや得意なことについて、他の人が悩み考えていることを調査し、それをテーマにすることで、自然に売れる電子書籍を作ることができます。

③キーワードプランナー (Google広告)

「世の中でどれだけ検索されているか」というのは、世の中のニーズのボリュームを図る良い指標になります。

Google広告のキーワードプランナーを使えば、ニーズのボリュームについて、一定の示唆を得ることができるでしょう。

 

文書作成・変換ソフト

構成からライティング、編集まで、普段から使用している文書作成ソフトで完結させます。

昔は電子書籍を出版するためにepub形式専用の文書作成ソフトが必要でしたが、今はWordとGoogleドキュメントで原稿を電子書籍用に変換することが可能です。

Google Docs、Livedoorブログ

④Googleドキュメント

特にGoogleドキュメントは、オンラインでの編集・共有がしやすくWord・epub形式の両方で書き出すことが可能なのでとても便利です。

また、音声入力も高い精度でできるので非常におすすめです。

⑤livedoorブログ

厳密には文章作成ソフトではないのですが、livedoorブログには記事をまとめて電子書籍にするサービスがあります。

ブログ感覚で電子書籍を作りたいなら、活用してみると良いでしょう。

 

画像作成ソフト

表紙は画像作成ツールで作ります。

プロのイラストレーターが使うようなツールではなくても、JPEG形式で画像を作成できるツールなら、簡単に表紙画像を作ることができます。

Canva、Medibang

⑥Canva

デザインに自信が無い、スキルや知識を持っていないならなら、ブラウザ上で動かせて無料で使えるCanvaがおすすめ。

豊富なデザインテンプレートの中から、あなたの書籍に合うものを選んで、簡単に魅力的な表紙を作成することができます。

⑦MediBang Paint

デザインスキルがあって、本格的に作るならMediBang Paint(メディバンペイント)のような本格的なペイントツールを使うと良いでしょう。

細かい部分まで丁寧にこだわることができます。

 

他の人の事例を見て勉強するのも一考

これまでに電子書籍やKindle本をあまり読んだことがないのなら、実際にKindle本を読んでみるのもおすすめです。

ライバルのリサーチになるだけでなく、電子書籍というコンテンツを実際に読んで、体感的に理解することができます。

読み放題サービス「KindleUnlimited(キンドルアンリミテッド)」に登録すると、毎月定額で書籍を自由に調べることができます。

 

電子書籍を出版して、収入とやりがいを手にしよう

この記事では、副業Kindle出版の流れと必要なツールについて解説しました。

Kindle出版は、他の副業と異なり作業時間と収益がそのまま比例しません。

出版した電子書籍が読まれなければ、どんなに作業しても0円ですが、多くの人に読まれれば、あなたが寝ていたとしても収入を獲得することができるため、時間に縛られずに稼ぐこともできます。

また、自分の知識や経験、スキルをまとめて書籍にすると、読者から感謝されることもあります。

読者から感謝されるような経験ができれば、大きなやりがいを感じることもできるでしょう。

副業で稼ぎたい方、一度本を書いてみたかった、という方は、Kindle出版に挑戦してみる価値があるかもしれません。

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. エジソン
  2. 媒介契約
  3. Vimeo
  4. エンジェル投資家
  5. 媒介契約
  6. CanvaでマンガLP
  7. いきなり起業
  8. SurveyMonkey
  9. 転職サイト

おすすめの記事

  1. PicMonkey
  2. アンバサダーマーケティング
  3. 退職勧奨
  4. 損金算入
  5. 個人事業主の社会保険
  6. Buffer
  7. フリーランスのトラブル
  8. 転職エージェントの裏事情
  9. TwitterProアカウント
  10. T型人材
ページ上部へ戻る