Basecampの評判や特徴は?進捗を可視化するPMツールを紹介

リモートワークになるとプロジェクトマネジメントも一苦労です。

自分の業務だけでも大変なのに、チームの状況も把握しないといけません。

そんな時に役立つのがBasecampというツール。

進捗を可視化できるプロジェクトマネジメントツールで、リモートワークを助ける機能が充実しています。

この記事では、リモートワークに役立つプロジェクトマネジメントツールBasecampの評判や特徴を解説します。

【参考】話題のNotionを無料で試す!使い方や価格体系をご紹介

Basecamp

 

Basecampとは

Basecampは、リモートワークに便利なプロジェクトマネジメントツールです。

  • 未解決/解決済みのタスクを把握する独自の機能であるヒルチャート(Hill Charts)
  • Todoリスト
  • グループチャット
  • ファイル共有機能
  • チーム全体へのQ&A

等々、リモートワークを効果的に実行・管理できる機能が充実しています。

ツールを提供している会社は、英語ではあるものの定期的に生産性・プロジェクトマネジメントに関する書籍を出版している方。

ShopifyのCEOからもツールを高く評価されているとのこと。

リモートワークでも日々の業務をしっかりマネジメントしたい社長・起業家、プロジェクトマネージャーにおすすめのツールと言えます。

【参考】Toggl Trackとは?話題のタスクの管理ツールを使った感想

 

Basecampの特徴は?

次に、Basecampの特徴を解説します。

 

独自のヒルチャートが便利

ヒルチャート(Hill Charts)はBasecamp独自のツールです。

タスクの進行状況を、上り坂と下り坂でできる丘に例えています。

上り坂にあるタスクは、未解決の問題や質問が多く、大変なタスク。

一方、下り坂にあるタスクは問題の多くは解決され見通しが立っている、実行するだけで終わるタスクとなっています。

タスクを時系列だけでなく、難易度で把握・共有できるツールなので、柔軟な対応が可能。

プロジェクトをマネジメントする上で有効なオリジナル機能です。

 

リモートワーク、PMに便利な機能が揃っている

リモートでタスク管理、プロジェクト管理できる機能は一通りそろっています。

  • Todoリスト
  • カレンダーによるスケジュール管理
  • グループチャット
  • スレッド形式の質問回答機能

等を自在に活用可能です。

リモートワークでコミュニケーションがとりにくい状況も大きく改善できます。

個人でも活用できますが、チームでの利用がかなり便利なプロジェクトマネジメントツールです。

 

複数人での活用ならかなり安く使えるオールインワンツール

プロジェクト数・招待数無制限の有料プランは他のツールと比較するとかなり安価になるのも大きな特徴。

同等の機能を他のツールでそろえると、

  • Slack
  • Asana
  • Dropbox
  • Google Workplace

の4つが必要で、月額193.3ドルがかかります。

一方、Basecampなら月額99ドルで済みます。

他のツールでは、人数によって追加課金されることもあります。

しかし、Basecampは、嬉しいことに、人数制限がありません。

ただし、個人利用だと少し高いので、会社全体での利用がおすすめです。

個人で使う場合は無料プランを推奨します。

【参考】Wrikeの評判や特徴は?2万以上の企業が使うPMツール

 

Basecampの評判は?

チームでのリモートワークが便利になるBasecamp。

では、実際の評判はどうなのでしょうか?

各レビューサイトでの評価は以下の通りです。

レビューサイト総合評価点レビュー数その他
G24.8/52412021年のプロジェクトマネジメントランキングTop50に選出(17位)、他の部門でも選出
Capterra4.9/5179THE 2021 CAPTERRA SHORTLIST
Survey Software
EMERGING FAVORITES(新着部門)にノミネート
TrustRadius8.6/1061

代表的な海外のレビューサイトでは、どこも高めの評価と言えます。

レビュー数も多いことから、総合平均点はかなり信頼できる値と言えるでしょう。

また、レビューサイト内で開催しているアワードでも複数の章を獲得しています。

名実ともに、評判の良いツールである可能性が高いと言えるでしょう。

 

Basecampの評価点:プロジェクト、タスクの進捗を簡単に把握・管理

チームでのプロジェクトやタスクをしっかりと管理できるようになったとの声が多く見受けられました。

  • シンプルで使いやすい
  • 共同利用が簡単

との声もあり、プロジェクトマネジメントツールとして充分に活用できるでしょう。

また、マネジメントにかかわるコミュニケーションが便利なこともかなり評価されています。

テレワークで連絡がしにくい状況も改善できるかもしれません。

 

Basecampの問題点:ユーザーインターフェースに難あり

問題点としては、インターフェースが独特で、操作しにくいという声が多く確認できました。

画面のカスタマイズも自由にできず、他のマネジメントツールと仕様がかなり異なるようです。

そのため、最初のうちは違和感をかなり感じるかもしれません。

また、かんばんボードやガントチャートを作成する機能がないというのも欠点かもしれません。

これらのマネジメントツールを活用したい場合、別ツールを導入する必要があるという声もありました。

複雑なプロジェクト管理には向かない可能性があります。

 

実際のレビューを見てみよう

評価している点は?

“私たちの設計開発会社は、Basecampを主要なプロジェクト管理システムとして使用し、すべてのプロジェクトの信頼できる唯一の情報源として使用しています。

これにより、リモートチームがプロジェクトで共同作業を行い、クライアントと通信できるようになります。

私たちの会社は、毎日のリストの作成、チームとの更新の共有、プロジェクトのステータスと進捗状況の監視に活用しています。”

-アンドレア・ヘスター オペレーションディレクター
http://trustradi.us/7G5M9

“タスク管理に関して私のチームの他の人々と協力する能力は、作業が時間通りに行われることを確実にするために重要です。

Basecampを使用すると、プロジェクト固有のタスクや目標についてクライアントやベンダーとコミュニケーションをとることができます。

つまり、メールを書く時間が減り、物事を成し遂げる時間が増えます。”

-ジェイソンF パートナー
https://www.capterra.com/p/56808/Basecamp/reviews/2744563/

問題点、不満点は?

“私はそのインターフェースをより広範でカスタマイズ可能にしたいと思っています。

それでも、私たちの働き方に適応する、より直感的なツールがもっと必要です。”

-クリスティーナN ビジュアルマーチャンダイジングディレクター
https://www.g2.com/products/basecamp/reviews/basecamp-review-4794062

“かんばんボードや時間/ポイントの追跡などの基本的な機能のためにサードパーティのツールを使用する必要があります。

ガントチャートなどの一般的なマイルストーン追跡の欠如は問題です。

-メアリーエレンS CEO
https://www.capterra.com/p/56808/Basecamp/reviews/2858638/

【参考】TimeRexで日程調整を自動化!機能や料金プランを解説

 

Basecampでリモートワークを効率よく

この記事では、Basecampの特徴や評判について解説しました。

ユーザーインターフェースが独特で時間がかかる可能性があるものの、プロジェクト・タスクを簡単に管理してプロジェクトの達成を助けます。

リモートワークに便利な機能が揃っており、クライアントや外注の方との連携もしやすいです。

Basecampを使って、プロジェクトとリモートワークを成功させましょう。

【参考】MyDigitalOfficeとは?仮想オフィス構築ツールの特徴と評判

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. ダイバーシティ&インクルージョン
  2. 転職エージェントの裏事情
  3. ハイクラス転職
  4. ポートフォリオサイト
  5. 海外マーケター
  6. 正社員
  7. スカウトメール
  8. 割れ窓理論
  9. 駐車場経営
  10. 離職しそう

おすすめの記事

  1. 空室対策
  2. SaaS
  3. 共同経営
  4. サードパーティ製
  5. 時間の見積もり
  6. 登記事項証明書
  7. 無人店舗
  8. フレックスタイム制
  9. オンラインサロン
ページ上部へ戻る