Keyword Toolとは?概要や評判、料金について解説

キーワードリサーチは、Web集客で見込み客を集めるためには必須のリサーチ。

SEO、Google広告、YouTubeSEOなどではも、欠かせない作業です。

このキーワードリサーチを、幅広い媒体で効率良く行うツールがあります。

それが、Keyword Toolです。

この記事では、

  • Keyword Toolとは?
  • 特徴とメリット
  • 評判・口コミ

について解説していきます。

【参考】SEMrushの評判や特徴は?オールインワンSEMツールを解説

 

Keyword Tool

 

Keyword Toolとは

Keyword Toolとは、キーワードリサーチが簡単にできるツールです。

  • SEO対策のためにどんな記事を書いたらいいのか?
  • YouTubeSEOのためにどんなテーマで動画を撮ったらいいのか?
  • Google広告で成果を出すには、どんなキーワードで広告を出すべきか?

このツールを使えば、これらのことを簡単に、明確にできます。

DisneyやIKEA、Shopifyから信頼されているツール。

日本でも紹介している人は少なくありません。

これ1つで、様々なメディアでキーワードリサーチを行うことが可能です。

キーワードリサーチを効率よく行いたい、社長・起業家におすすめのツールと言えます。

【参考】Feedlyとは?爆速効率で情報収集するRSSツールをご紹介

 

Keyword Toolの特徴とメリット

ここからは、Keyword Toolの特徴とメリットをご紹介します。

 

関連キーワードを一覧表示

Keyword Toolを使うと、入力した言葉に関連するキーワード(サジェスト)を、一覧で出力することが可能です。

無料版だと候補のみですが、有料版なら細かい検索ボリュームも確認できます。

候補だけでも、アイディア探しにはぴったりです。

 

主要なSNS、検索エンジン、ストアのSEOが可能。

類似するツールである、GoogleキーワードプランナーはGoogleのみ。

しかし、Keyword Toolで分析できるのは

の10種類のメディアを対象にリサーチすることができます。

このツール1つで、幅広いキーワード対策ができますよ。

 

ボリューム以外の数字も分析

有料版では、CPC(クリック単価)やトレンド性、競合性などボリューム以外の要素も分析可能です。

これらの情報は、広告運用でかなり役立ちます。

これらの細かい情報を分析して、効率よく広告を動かしてください。

【参考】海外製ITツールを使用する際の注意点5選

 

Keyword Toolの評判は?

たくさんのメディアのキーワードリサーチを簡単に行えるツールであるKeyword Tool。

実際のユーザーの評判はどうなのでしょうか?

ここでは、実際のユーザーの評判をお伝えします。

各レビューサイトでの評価は以下の通りです。

各レビューサイト総合評価点レビュー数受賞、その他
G24.4/514
Capterra4.5/524

どうやら、レビュー数はまだまだ少ない様子。

単なる数字での評価は過信できません。

ここからは、数少ないレビューからわかる評価点と問題点を見ていきましょう。

 

Keyword Toolの評価点:主要なSNS、検索エンジンのキーワード調査が可能

お伝えした通り、主要なメディアのキーワード調査がこれ一つでできます。

ブログ記事を作成するための、キーワードを見つけ出すには大変便利です。

オールインワンなキーワード調査として、大活躍することは間違いありません。

 

Keyword Toolの問題・不満点:価格の高さと不具合が気になる

ツールの中でも価格が高く、そこに関しての不満が多く見受けられました。

最低でも月69ドルと、ツールの中でもかなり高額な部類です。

トライアルもなく、無料版ではキーワードしかわからないため、試すことも不可能。

また、データが実際の値と違うのではないか?というレビューもあります。

有料版にアップグレードするには、少し悩んでしまうツールでもあるようです。

 

実際のレビューを見てみよう

良いレビュー

これは、グーグル、ユーチューブ、フェイスブックなどの人気のある検索アプリケーションのほとんどのキーワード調査を行うことができる単一のプラットフォームです。

このツールは、ユーザー検索目的として、考え得る別の関連検索用語の要件を完全に満たすため、特別なツールです。

また、個々の国と言語の検索ボリュームの洞察も得られます。

単語、フレーズ、検索ボリュームの必要性に応じて結果をフィルタリングできます。

競合他社分析のキーワード調査もできます。

バルシャG

ウェブサイトマネージャー

https://www.g2.com/products/keyword-tool/reviews/keyword-tool-review-5477000

 

このKeyword Toolは、調査ツールおよびエンジンです。

ロングテールのキーワードフレーズを掘り起こすことができます。

そしてそれができる理由は、SEOを使用してあらゆるニッチで成功するオンラインビジネスを構築および作成するためです。

これはユニークなツールです。

750の制限までアイデアを再現または生成する必要があります。

そして、検索バーにパンチするすべての用語からです。

また、Google、Youtube、eBayを使用して無数のアイデアを生み出します。

Appストアのオートコンプリートを使用することもできます。

Chamath N.

スリランカのChief Technology Officer

https://www.capterra.jp/reviews/179574/keyword-tool

悪いレビュー

価格!

彼らが提供するサービスは、他の同様のサービスプロバイダーよりも少し高いです。

トライアル期間が提供されていないことに加えて、無料バージョンでは、このツールを使用して取得しているものを完全に表示することはできません。

Khan md mohaiuminul islam S.

バングラデシュのCivil Engineer

https://www.capterra.jp/reviews/179574/keyword-tool

 

先に述べたように、これと同様の仕事をする他のツールがあります。

それらには、これよりもはるかに優れているものもあります。

このツールの使用は、その価格に見合う有料バージョンが見つからないため、無料バージョンのみです。

匿名

https://www.g2.com/products/keyword-tool/reviews/keyword-tool-review-4937422

【参考】SurveyMonkeyの評判や特徴は?調査に便利なアンケートツール

 

キーワード調査をKeyword Toolで完結させよう

この記事では、Keyword Toolのメリットや評判を解説しました。

高額なのが気になるポイントではあります。

しかし、あらゆるメディアのキーワード調査ができるのは魅力的なはず。

キーワードリサーチを本格的にやりたい人にはおすすめのツールと言えます。

【参考】Bitrix24の評判や特徴は?PJ管理からCRMやWeb制作まで一気に

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. Z世代
  2. ひとりブラック企業化
  3. Chrome拡張機能
  4. 個人事業主の老後資金対策
  5. VC事前準備
  6. ワーカホリック
  7. 偽物のヘッドハンター
  8. カスタマーサクセス

おすすめの記事

  1. 外資系企業
  2. eラーニング
  3. ブログタイトル
  4. マーケターの必読書
  5. フレームワーク
  6. RPA
  7. カスタマージャーニーマップ
ページ上部へ戻る