賃貸経営の差別化戦略!競合に負けないためのアイディアは

周辺の競合物件に負けず、安定的な入居率を確保する。

賃貸経営で負けないためには、物件そのものの品質も大切。

しかし、独自性や個性も、それと同等か、場合によってはそれ以上に重視されます。

今回は、賃貸経営の差別化戦略について、主なアイディアや成功のポイントについて解説していきます。

【参考】出口戦略とは?不動産投資で出口を見つけやすい物件の特徴

 

賃貸経営の差別化戦略

 

賃貸経営の差別化戦略!競合物件と差別化するには

賃貸経営するなら、十分な入居者を確保し、空室リスクを減らす必要があります。

そのためには、

  • 人気のある物件
  • 好立地な物件
  • 新築物件

など、元から需要のある物件を選ぶのが一番。

しかし、当然ですが、予算上難しかったり、希望通りの物件が見つからなかったりすることもあるでしょう。

そんな状況下でも安定した収入を維持し、事業を継続するためには差別化戦略が不可欠。

アイディア次第では、たとえありきたりな物件であっても、

  • 競合と対等に渡り歩いていくことができる
  • 常に希望者が絶えない人気物件になる

といったことが可能になり得るのです。

【参考】ワンルームマンション投資で素人がハマる意外な落とし穴5選

 

賃貸経営、差別化戦略のアイディア

それでは、賃貸経営の差別化戦略のアイディアについて、例を挙げながら紹介しましょう。

 

1. 家具、家電付き物件

まず、家具、家電付きは差別化のために最も頻繁に採用されているアイディアです。

机やイス、冷蔵庫、電子レンジ、ガスコンロなどが備え付けられています。

生活に必要最低限な設備が整っているため、学生や転勤の多い単身のサラリーマンから圧倒的な支持があります。

一般的な物件に比べると、当然、家具家電の設備投資費用がかかります。

しかし、まとめて発注すれば、事業者用割引が適用される場合もあるのが魅力。

必ずしも大きな負担になるとも限りません。

もちろん、家具、家電付き物件の場合、定期的なメンテナンスや設備の交換、修理などランニングコストが発生することがあります。

その点を考慮した上で家賃を決める必要があるでしょう。

 

2、共用設備を充実させる

次に、物件の共用設備を充実させるのも物件を差別化するための手段。

たとえば、

  • キッチンやテーブルカウンターを設置してパーティやバーベキューができるようにする
  • ランニングマシンやダンベル等を設置して、物件内にジムを作る

といったことが挙げられます。

その他にも、

  • 屋上部分を活用して野菜や植物を育てられるスペースを確保する
  • 高層階に景色を楽しみながら飲食ができるバーカウンターを設置する

といったアイディアも良いでしょう。

注意点としては、家賃に加え、共益費や管理費の設定の仕方、ビジターなど利用に関するルール全般をあらかじめ決めておく必要があります。

 

3、部屋のカスタマイズを可能にする

そして、入居者の好みに合わせて部屋をカスタマイズできるようにするのも差別化の大きな効果が見込めます。

これは、事例はありますが、非常に挑戦的なアイディアと言えるかもしれません。

壁紙やフローリング、扉、キッチンなど、自由なカスタマイズを許可することで、中古物件、築古物件でも、入居者のニーズや好みに対応できます。

  • カスタマイズできる範囲
  • 工事の手配方法
  • 退去時の原状回復にかかる費用負担

について、事後にトラブルが起きることのないよう、ルール作りをしておくのが肝要です。

 

4、その他

また、以上のアイディア以外にも、オーソドックスなものはたくさんあります。

例えば、

  • 女性専用
  • 高齢者専用
  • 単身者専用

など、入居者で差別化する。

  • 完全防音
  • ペット可
  • デザイナーズ物件

など、部屋のタイプで差別化したりすることも可能です。

また、物件に独自性を出すのではなく、

にするなど、キャンペーンや契約方法で差別化する事例も最近増えてきています。

【参考】空室対策どうする?不動産投資で考えるべき入居率向上策5つ

 

賃貸経営の差別化戦略、成功のコツ

アイディア次第で、いかようにも物件の差別化は可能かもしれません。

しかし、当然ですが、単に個性を出せば良いというわけではありません。

  • ある程度の需要が見込めること
  • 多少の模倣困難性があること

これらの2つのポイントが、物件の差別化を成功させるための条件と言えます。

需要についていえば、他のエリアでは成功していても、実際に賃貸経営を始める地域やエリアでニーズがなければ、ただ無駄なコストを費やすだけになるかもしれません。

模倣困難性に関しては、誰でも簡単に真似できるアイディアだと、需要があるとわかった途端に競合物件の管理者やオーナーに模倣されてしまいます。

そうなると、差別化の意味がなくなってしまいます。

上記の2つのポイントを押さえた上で、どんなアイディアで差別化するのか決めましょう。

【参考】一歩踏み出す前に知るべき賃貸経営のメリット5つとリスク4つ

 

賃貸経営で差別化戦略を成功させよう

賃貸経営における物件の差別化には、

  • 独創的なアイディアを生み出すための柔軟性
  • いつ、どこで、どんなことが求められるのか、社会動向を常に分析するためのスキル

が必要となります。

とは言っても、ピンポイントで需要のあるアイディアを見つけ出すことは難しいかもしれません。

まずは、成功事例を参考にするなどして、物件の差別化にチャレンジしてみましょう。

【参考】サブリース契約とは?初心者の不安に付け込る手口の注意点!

関連記事

最新の記事

  1. 家賃の値下げ交渉
  2. 木造・鉄骨造・RC造
  3. 集中ブース
  4. オーバーローン
  5. 不動産取得税
  6. 定期借家契約
  7. 融資審査に落ちた
  8. シェアハウス投資
  9. 賃貸経営の差別化戦略
  10. 不動産小口化商品

ピックアップ記事

  1. 降格人事
  2. 合同会社
  3. 学生団体
  4. PDCA
  5. Webリサーチツール
  6. ウェルビーイング
  7. Googleビジネスプロフィール
  8. アンカリング効果
  9. 海外製ITツール
  10. IT介護

おすすめの記事

  1. サードパーティ製
  2. フレームワーククイズ
  3. 無人販売
  4. 非言語コミュニケーション
  5. ハラスメントの事例
  6. 労働基準監督署
  7. Clickfunnels
  8. インサイドセールスと営業の違い
  9. 社内失業
  10. ラポール形成
ページ上部へ戻る