人望が厚い人の特徴と慕われる人になるための4つの習慣

組織の一員として働く以上、周りから嫌われる人よりは、好かれる人、尊敬される人の方が何かと有利になります。

今回は、ビジネスパーソンとして、人望が厚い人、慕われる人の特徴と、そのような人になるために始めるべき習慣を紹介します。

【参考】

 

人望

 

ビジネスパーソンの最強の武器「人望」

ビジネスパーソンとしてどんなに優れたスキルや実績があったとしても、人望が厚い人には敵わないことがあります。

人望さえあれば、

  • 小さなミスを犯してしまう
  • 苦境に陥ってしまう

といったことがあっても、周囲の人が手を差し伸べてくれることもあります。

しかし、人望は得ようと思ってもそう簡単に得られるものではありません。

人望が厚い人になるためには、どうすればよいのでしょうか。

【参考】

 

人望が厚い人の特徴

それではまず、人望が厚い人の特徴について詳しく見ていきましょう。

 

1. 自分を守るために、筋を曲げようとしない

まず、すぐに保身に走らず、決して筋を曲げようとしない人。

このような人は、どんな環境でも周囲の人から慕われるでしょう。

自分の部下に仕事を頼んでおきながら、上からその仕事の内容について咎められると、、

  • すぐ部下のせいにする
  • 責任転嫁したりしてすぐに保身に走る

といった人は、決して慕われません。

一方で、

  • 自分の非をしっかり認められる
  • 部下や仲間を大事にできる

といった人には、自然と人が寄ってきます。

 

2. 分け隔てなく人と接することができる

分け隔てなく人と接することができる人も、人望を獲得しやすいでしょう。

部下にはいつも威張っている一方で、

  • 上司やエライ人にはペコペコ頭を下げる
  • 媚を売っていたりする

といった人は、たとえ上からの評判は良くても、部下から好かれることはないでしょう。

  • 身分や立場、年齢にかかわらず、誰とでも平等に接することができる人
  • 分け隔てなく接することができる人

このような人は、誰からも慕われるでしょう。

 

3. 有言実行で、嘘をつかない

どんなに人当たりが良くても、

  • 結局口先だけ
  • 行動に結果が伴わない

といった人は、ただのいい人止まりになり、慕われるのは難しいでしょう。

逆に、

  • 自分が言ったことは必ず実行する人
  • 毎回それなりの結果を残せる人
  • 嘘をつかない人

は、どんな環境でも人望を獲得できると言えるでしょう。

 

4. 自分の美談や武勇伝を自ら語らない

実際に実力があっても、

  • 自分の功績をしつこく周りに言いふらして自慢する
  • 自分の立場や権力を誇示したりする

といった人は、嫌われるとまではいかずとも、人望を獲得するのは難しいでしょう。

逆に、自分の美談を、自分の口からではなく、背中で語れるような人は、誰からも尊敬され、慕われるでしょう。

【参考】

 

職場で慕われる人になるために始めるべき4つの習慣

周りから慕われるか、人望が厚い人になれるか否かは、その人の素質にも関わることでもあります。

そのため、人望を得ようと思っても、そう簡単に得られるものではありません。

しかし、何気ない自分の言動や振る舞いを少し意識するだけでも周囲に与える印象は大きく変わります。

結果的に人望を得られることもあるでしょう。

知識もいいですが、何より行動。

そのために始めるべき習慣について詳しく見ていきましょう。

 

1. 失敗を犯したら、潔く非を認める

どんなに優秀な人でも1人の人間である以上、仕事でのミスや失敗は必ず起きます。

人望を得るために大切なことは、ミスや失敗を起こさないことではありません。

起こしてしまった時に自分の非をしっかり認められるか否かです。

どんなに小さなことでも周囲に迷惑をかけてしまったら、潔く失敗を認めましょう。

そして、すぐに、適切な対応を取れるようになりましょう。

 

2. 常に他者への配慮、感謝を忘れない

組織の一員として働いている以上、他者への配慮や感謝も忘れてはいけません。

自分の利益を追求することも時には大切。

しかし、誰かに支えられていることを忘れ、傍若無人な振る舞いをしてしまうと、周囲から慕われることは決してないでしょう。

 

3. 自分の行動一つ一つを意識し、責任を持つ

社会人として当然のことかもしれませんが、

  • 人望を得るために
  • 1人の社会人として組織の中で上手くやっていくために

自分の行動一つ一つを意識し、全ての行動に対して責任を持つという考え方は必要不可欠。

 

4. 自慢を控える

多少の自慢話は、同僚との距離を縮めることにもつながる可能性もあります。

そのため、自慢話をしてはいけないという訳ではありません。

ただ、その頻度や加減には、くれぐれも気をつけましょう。

毎日のように自慢話をしていると、

  • 部下から鬱陶しいと思われて信用を失う
  • ただのマウンティングと捉えられたりする

といったこともあります。

【参考】

 

人望が厚い人、慕われる人になって成功を手に入れる

人望は、得ようと思ってすぐに手に入れられるものではありません。

しかし、些細なことから自分の言動を見つめ直し、改めることで、慕われる人、尊敬される人に少しずつ近づくことはできます。

人望があれば、思わぬビジネスチャンスにつながることもあるでしょう。

ビジネスパーソンとして人望を獲得できるよう努力しましょう。

【参考】

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. CanvaPro
  2. 長時間労働
  3. ConvertKitのAutomate
  4. クラウド型会計ソフト
  5. 起業家向けオフィス
  6. インバスケット研修
  7. 家賃債務保証
  8. オンデマンド販売

おすすめの記事

  1. eラーニング
  2. Unbounce
  3. Ayoa
  4. ハイブリッド勤務
  5. ステップメール
  6. 起業の準備一覧
  7. 電子帳簿保存法
  8. Web面接
ページ上部へ戻る