営業フリーランスとは?需要が爆上がり中の働き方

従来、営業マンは企業の一員として働くと言うイメージがありました。

しかし、今はフリーで活動する人も増えてきており、その需要も年々高まっています。

今回は、営業フリーランスという働き方の魅力や営業フリーランスになるために求められることについて解説していきます。

【参考】新卒フリーランスとは?直面する問題と備えるべき覚悟

 

営業フリーランス

 

営業フリーランスとは?どんな働き方をする?

営業フリーランスとは、組織に属さず、個人で活動しているフリーランスの営業マン・営業ウーマンを意味します。

基本的には、自社の商材を売ってほしい企業に代わって、アポイントの獲得やクライアントとの商談など営業活動をすることになります。

また、企業の営業プロセスの構築や従業員の教育など、コンサルタント的な立場で活動するケースもあります。

フリーランスであるため、契約は基本的に「業務委託契約」。

報酬は、

  • 完全成果報酬型
  • 固定報酬+成果報酬型

のいずれかで決まるケースが多いようです。

最近では、営業フリーランスと企業をマッチングさせる専門のエージェントも出てきました。

また、人手不足で営業リソースがない、そもそもノウハウがないと言った課題を抱えている企業も増えてきているため、営業フリーランスの需要も年々高まっています。

【参考】フリーランスの悩み相談サービス6選!トラブル解決のために

 

営業フリーランスの魅力

それでは、営業フリーランスとして働く魅力についていくつか見ていきましょう。

 

頑張った分だけ、しっかり稼げる

1番の魅力は、頑張った分だけ、しっかり自分の利益として反映されることです。

企業に勤める営業マン・営業ウーマンの場合でも、ノルマを達成したり、優秀な成績を収めたりした際には、インセンティブが付くことはあります。

一方で、いくら成果を出しても納得のいく報酬をもらえないことも少なくありません。

しかし、営業フリーランスの場合は、頑張った分だけしっかり稼げます。

それがやりがいやモチベーションにもつながるのです。

 

あらゆる商材を扱える

あらゆる分野の商材を扱えることも、営業フリーランスならではの魅力の一つです。

案件を引き受ける度に、その商材に対する理解を深める必要はあります。

しかし、特定の企業や商材に捉われない活動ができるのは大きな魅力。

営業フリーランスとして実績を積み、業界内で広く認知されるようになれば、有名企業の商材や大きな案件に携われるチャンスも舞い込んでくるでしょう。

 

一方的にノルマを課されない

正社員として企業に勤める営業マンの場合、厳しいノルマを課せられることがあります。

また、不当な要求をされたりすることもよくあるでしょう。

しかし、営業フリーランスは、正社員という立場ではありません。

組織に所属していないことから、一方的に厳しいノルマを課せられることはないでしょう。

万が一、クライアントから不当な要求を受けた場合には、対等な立場で交渉できます。

一方的に不利な状況に立たされてしまう心配は少ないと言えるでしょう。

 

これまで培ってきた経験や人脈をフルに活かせる

企業に勤める営業マンからフリーランスに転身する場合、サラリーマン時代に培ってきた営業ノウハウやスキル、人脈やコネクションをフルに活かすことができます。

これまでの実績や人脈が豊富にあれば、それだけ多くの案件を獲得しやすくなります。

他の業種のフリーランスと比べて、すぐに事業を軌道に乗せることもできるでしょう。

【参考】下請法とは?フリーランスが最低限知っておくべき法律の基礎

 

営業フリーランスに求められること

営業フリーランスは、確かに需要が急増している働き方であることは間違いありません。

しかし、誰でも気軽になれるかというと、そうでもなさそうです。

営業フリーランスに求められる最低限のスキルや条件を見ていきましょう。

 

即戦力として活躍できる経験と実績

まず、絶対条件として、即戦力として活躍できる経験と実績が必要です。

企業に所属する営業マン・営業ウーマンとして働く場合、未経験でも給料を貰いながら研修や実務を通して活動できます。

しかし、フリーランスの場合、そうはいきません。

クライアントにとっても、「お金を払って外注するなら、即戦力になる経験豊富な人に仕事を依頼しよう」とするのは当たり前です。

 

人脈、コネクション

営業する上で、人脈やコネクションの有無は、収入にも直接的に影響する非常に重要な要素。

フリーランスなら尚更、必要不可欠と言えます。

営業フリーランスに転身することを検討しているのであれば、フリーになっても仕事をくれたり、顔を利かせてくれたりする知人がいるかまず確認しましょう。

人脈やコネクションは、無いよりも当然あった方が何かと有利になります。

働き方や収入にも大きく影響してくるポイントです。

 

柔軟性

営業フリーランスは、クライアントと対等な立場で案件の受注や交渉ができます。

しかし、ある程度柔軟に対応できないと、フリーランスとしての自立は難しいでしょう。

もちろん、何もかもクライアントの要望を聞き入れる必要はありません。

しかし、ある程度譲歩する姿勢がないと、良い印象を持ってもらうことが難しくなります。

対等だからと、自分の要求を強く押し出し過ぎると、仕事をもらえないこともあります。

一つのアピールポイントとして柔軟性を持っておくことも、より多くの仕事を見つけるために重要なことです。

【参考】フリーランスのトラブル予防策は?事前に備えておくべきこと

 

営業フリーランスにチャレンジしよう

クライアントにとっても、営業を外注することにはメリットがあります。

今は何でも外注して当たり前という時代。

営業フリーランスの需要もそれなりにあることは確かです。

しかし、営業フリーランスとしてやっていくためには、

  • 即戦力になるための実績
  • 経験、スキル、コネクション
  • 自ら仕事を獲得していくためのセルフプロモーション
  • セルフブランディング

等々が必須になります。

会社に雇われている営業マンよりも高いプロ意識を持つことが必須。

自信のある人は、大きな成功を掴むためにチャレンジするのもよいかもしれません。

【参考】地雷クライアントとは?フリーランスを悩ませる取引先の特徴

関連記事

最新の記事

  1. 家賃の値下げ交渉
  2. 木造・鉄骨造・RC造
  3. 集中ブース
  4. オーバーローン
  5. 不動産取得税
  6. 定期借家契約
  7. 融資審査に落ちた
  8. シェアハウス投資
  9. 賃貸経営の差別化戦略
  10. 不動産小口化商品

ピックアップ記事

  1. タスク管理ツールといっても用途や目的ごとに様々な種類があります。ビジネスを効率よく動かすにはタスクやプロジェクトの管理が欠かせません。選び方を間違えると効果が出ないことも。この記事では、タスク管理ツールの種類と選び方、おすすめのツールを紹介します。
  2. 仕事がないフリーランス
  3. UdemyとTeachable
  4. 不動産小口化商品
  5. Udemyで集客
  6. Baseでコンテンツ販売
  7. クラウド型会計ソフト
  8. 売上が増えない
  9. サブリース契約
  10. ClickUp

おすすめの記事

  1. 有給を取らせてくれない
  2. 外資系企業
  3. パワハラ上司を訴える
  4. アンバサダーマーケティング
  5. eラーニング
  6. 源泉徴収
  7. Z世代のトリセツ
  8. 営業フリーランス
  9. ヘッドハンティング
ページ上部へ戻る