週末起業のアイディア3選!サラリーマンが始めるならこれ!

【PR】起業家限定:ロゴ+名刺+Webが3つセットで50,000円~

週末起業は、本業を続けながら新しいことへの挑戦意欲のあるサラリーマンにとって理想的な働き方の一つです。

脱サラしいきなり事業を始めるのも良いですが、まずは週末起業で経験を積むことで得られるメリットがあります

その魅力や実際のビジネス例について詳しく見ていきましょう。

【参考】無人販売とは?ブーム化する不労所得ビジネスの光と影を解説

週末起業

 

週末起業とは?

週末起業とは、サラリーマンの主な休日である土日、もしくは就業終了後の空き時間を利用して事業を始めることを意味します。

本業とは別の収入源が得られる、という点において一般的な副業と共通していますが、週末起業を始める人の多くは将来的に脱サラし、事業の立ち上げを目指している方がほとんどです。

 

週末起業の魅力

将来的に脱サラ、そして事業の立ち上げを目指している方にとって、週末起業から始めることで以下3つの魅力やメリットがあります。

  • 実践的な経営スキル、知識が身につく
  • 収入面での不安を緩和させられる
  • 将来、立ち上げ予定である事業の基盤が作れる

経営に必要なスキルや知識は独学でも身につけられますが、収支管理や開業手続きなど、実際に事業を始めてからでないと気づけないこともたくさんあります。

サラリーマンとして安定した収入を確保しながら、まずは週末起業から始めることにより、実践的なスキルや知識が身に付けられるでしょう。

副業であれば、万が一失敗したとしても、貯金がいくらか減ることはあるかもしれませんが、収入がゼロになる可能性は無く、週末起業で培われた経験は将来、実際に事業を立ち上げる際に役に立ちます。

基盤ができることで起業へのシフト転換がスムーズに行きます。

 

週末起業を始める上での問題やリスク

週末起業を始めるためには、これまで休息や趣味、家族のために充てていた時間を犠牲にしなければならないかもしれません。

その結果、疲労が蓄積し体調不良になる、常に多忙を極める、そしてその結果、本業に支障が出てしまう可能性もあります。

週末起業を始める際にはこれらの問題やリスクをしっかりと認識しておきましょう。

 

週末起業のビジネス例

週末起業に業種や業態に制限はなく、アイディア次第で多様な働き方を実現することも可能です。

将来的な起業プランを練るためにも、まずは週末起業のビジネス例について3つ紹介します。

 

①コンサルタント事業

投資や経営、ファイナンシャルプランナーといった専門分野での実務経験がある、精通している方の起業アイディアとして、コンサルティング事業は最適と言えるでしょう。

クライアントと面会してアドバイスや指導するのも一つの手段ですが、Zoomなどビデオ通話ソフトを用いてオンライン上で完結する仕組みづくりを作ることで無駄な時間やコストを減らせます。

【参考】ITコンサルタントで副業で稼げる?メリットや稼ぐコツを解説

 

②Web関連事業

Web関連事業には、企業のホームページ作成代行やソフトウェア、アプリ開発、バナー広告やネットコンテンツ制作などが含まれます。

Web関連事業の最大の魅力はネット環境とパソコンさえあれば仕事ができることで、本業のちょっとした空き時間も有効活用できます。

 

③ネットショップ事業

商品の仕入れをし、アマゾンや楽天などで販売したり、ハンドメイドの製品をメルカリやヤフオクなどフリマサイトで販売するのがネットショップ事業です。

在庫確保のためのスペースが必要になる、収益化まで時間がかかるなどの注意点がありますが、専門的な知識を必要としないため、誰でも気軽に始められます。

気軽ではありますが、仕入れた商品が売れずに、不良在庫となってしまう可能性もあるので、いきなり大きくはじめないのが肝要です。

 

週末起業を始める際のポイント

実際に週末起業を始める際には以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

 

①比較的小規模なビジネスを選ぶ

以上で挙げた3つの事業からも分かるように、比較的小規模かつオンライン上で業務が完結する事業は週末起業に最適な業種と言えるでしょう。

というのも、これらの事業は最低限の初期費用やネット環境さえあればどこでも就業可能で、遠方に住んでいる相手でも取引きができるからです。

サラリーマンが限られた時間の中で効率よく成果を出すためには、起業準備や業務になるべく時間やコストを費やさないことがポイントです。

 

②明確な目標を持って事業に取り組む

週末起業で事業を続けていく際には、起業の目的や将来の展望を明確にすることで事業の成功やモチベーショの向上につながります。

単なる収入アップではなく、自分の夢を叶えたい、今のスキルや経験を生かせる仕事がしたい、新しいサービスを提供し社会貢献したいなどの明確な目的が週末起業の原動力になります。

 

③事業計画や資金調達などの準備を入念に行う

サラリーマンとして働いている場合、体力、気力の問題で起業に必要な事業計画の設計や資金調達など細かな準備や手続きが疎かになるケースがあります。

たとえどんなに小さな事業であった場合でも、入念な計画、そして準備なしでは実現しないどころか時間とお金の浪費につながってしまいます。

【参考】起業の準備一覧!14項目の最低限やるべきことをリストで整理

 

まとめ

いかにして効率よく生産性を維持し働けるかがサラリーマンの週末起業における肝になります。

体力面での負担も確かにありますが、具体的なプランがある方はぜひチャレンジしてみましょう。

【参考】オンラインサロンとは?有名人も続々参入!実は起業に最適?

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. リストラ
  2. SEMrush
  3. リファラル採用
  4. 離職しそう
  5. Shopifyエンジニア
  6. Keyword Tool
  7. 競業避止義務
  8. クラウド型会計ソフト
  9. UdemyとTeachable

おすすめの記事

  1. 起業前の準備
  2. ホワイトぺーパー
  3. 採用アウトソーシング
  4. ドミナント戦略
  5. 働き方改革の助成金・補助金
  6. パーキンソンの法則
  7. ビジネスモデル
  8. サバティカル休暇
  9. ジュニアボード制度
ページ上部へ戻る