Googleフォームとは?無料のアンケート作成ツールを紹介

アンケートによる顧客リサーチや、お問い合わせフォーム作成。

マーケティングではさほど目立たない存在ですが、ビジネスでは欠かせないものです。

そのため、アンケートやフォームとしては、世に様々なツールが出ています。

そして、あのGoogleもGoogleフォームという無料のツールを提供しています。

シンプルなアンケートやお問合せフォームを素早く簡単に作れる便利なツールです。

この記事では、

  • Googleフォームとは?
  • 特徴やメリット、デメリット
  • Googleフォームの評判は?
  • どんな時に便利?

について解説します。

【参考】Google Chromeの拡張機能とは?ブラウザを便利にする機能

 

Googleフォーム

※画像は公式サイトより引用

 

Googleフォームとは?

Googleフォームとは、Googleが公開している無料のフォーム、アンケートツールです。

操作は直感的で、簡単に制作可能。

多くの人が持っているGoogleアカウントがあれば、すぐに作成することができます。

メールやHTML埋め込みなど、共有方法も充実しています。

そして、アンケートも選択形式から自由回答まで自由に設定可能。

学生からビジネスパーソンに至るまで、幅広く使われているツールです。

フォームを実装したいときや、アンケートを実装したいときにおすすめです。

【参考】SurveyMonkeyの評判や特徴は?調査に便利なアンケートツール

 

Googleフォームの特徴やメリットをご紹介

次に、Googleフォームの特徴やメリットについてご紹介します。

 

1. 誰でも簡単にフォームやアンケートが作れる

操作は簡単。

仕事でPCを使えるなら、簡単にフォームやアンケートを作れるでしょう。

また、利用料は無料。

回答数にも制限はありません。

誰でも簡単にフォームやアンケートが作れてしまうのです。

すぐにアンケートを実施したい時や、フォームを簡単に実装したい時に便利です。

 

2. アドオンの追加で機能を増やせる

他のアンケート作成ツールと比較すると、Googleフォーム単体ではできることが少ないかもしれません。

しかし、公式や有志の方が制作したアドオンを追加して、機能を増やすことができます。

例えば、

  • 回答者へ自動返信メールを送る機能
  • タイマーを設定して締め切りを用意機能

といったものが追加可能です。

アドオンは、Google公式ではなく、有志の人が作っています。

そのため、思っているよりも多くのことができるかもしれません。

ただ、アドオンの使用条件や、モノによっては有料なので注意してください。

また、中には不正なアドオンもあるので慎重に調査してから追加しましょう。

 

3. 集計機能が便利

集計機能では、回答内容だけでなく、内容に応じたグラフを自動的に表示してくれます。

また、Googleスプレッドシートとも簡単に連携させることができます。

集めたデータを、スプレッドシート上に整理・分析することも簡単にできます。

高度な分析はできないものの、これらの機能だけでも充分な場合が多いもの。

リサーチにも充分活かせるでしょう。

 

デメリットはある?

無料かつアドオンで機能を追加できるGoogleフォームですが、デメリットもあります。

まず、デザインの自由度はほとんどありません。

他のGoogleフォームのユーザーと同じような見た目になってしまいます。

また、チャット形式や1問ずつ質問していくようなパターンは現時点では実装できません。

とは言え、無料で回答保存数が無制限のツールは他にありません。

そのため、コスパは非常に良いと考えられます。

【参考】ZoomとGoogle Meet!両者の違いを徹底比較!

 

Googleフォームの評判は?

シンプルで使いやすいフォームを作れるGoogleフォーム。

実際のユーザーの評判はどうなのでしょうか?

ここからは、レビューサイトを参考に、Googleフォームの評判を見ていきましょう。

各レビューサイトでの評価は以下の通りです。

各レビューサイト総合評価点レビュー数受賞歴、その他
Capterra4.7/59291
TrustRadius8.4/10709
ITreview4.2/5556

※データは2023年9月時点のものです。

レビュー数も多く、その上で高い評価が付いています。

フォームツールとして評価されていることは間違いなさそうです。

具体的なレビューも見ていきましょう。

 

Googleフォームの評価点:簡単かつ素早くシンプルなフォームやアンケートが作れる!

HTMLやCSSの知識が無くても、簡単に作れることに対して、評価する声が多く見受けられました。

また、提供元がGoogleなので、信頼性が高く、回答してもらいやすかったという意見も。

シンプルなフォームツールとして充分活躍できるでしょう。

無料で使える点も、かなり評価されていました。

 

Googleフォームの問題点:カスタマイズ性はほぼない…

デザインや機能の拡張性について、自由度が無いという意見が目立ちました。

機能面はアドオンで多少補えるものの、見た目は大きく変えることはできません。

アンケートでより高度なことをしたい場合は不向きかもしれません。

 

実際のレビューを見てみよう

評価点は?

HTMLやCSSなどのWebページ作成用の言語に関する知識など全く必要としません。

数クリックでアンケートフォームを作成できる点が良いと思います。

また、PCのみならずスマホから閲覧しても正常に見れるという点も良いです。

アンケート結果を表にまとめるといったこともGoogle Formsが行ってくれ、これまでかかっていた集計時間を大幅に削減できたという点でも非常に良かったです。

非公開ユーザー(日本)

https://www.itreview.jp/products/google-forms/reviews/108220

 

シンプルで直感的で非常に便利なGoogleフォームが本当に好きです。

あまりプロフェッショナルな見た目ではないかもしれませんが、目的をうまく達成しています。

Ramon M.

アメリカのSr IT Project Manager

https://www.capterra.jp/reviews/176571/google-forms

問題点は?

残念ながら、カスタマイズの可能性はほとんどありません。

一般的に小規模な組織に適しています。大規模な組織にはお勧めできません

独自のドメインとブランディングを追加することはできません。

非公開ユーザー(海外)

http://trustradi.us/9KTGV

 

ユーザから見たレイアウトを変更することができません。

そのため、デザインを自由に変更できない点を改善すべきだと思います。

また、同じ理由でGoogle Formsを利用しているというのがアンケート回答者に知られてしまいます。

Google Formsを利用していることが悟られないような改善があっても良いと思います。

非公開ユーザー(日本)

https://www.itreview.jp/products/google-forms/reviews/107442

【参考】Google Scholarとは?ビジネスでの活用方法と併せて解説

 

Googleフォームはどんな時におすすめ?

ここまで、Googleフォームの特徴や評判を見てきました。

最後に、「結局、どんな人におすすめなのか?」について、お伝えします。

 

すぐに無料でアンケートを行いたい時

Googleフォームでは、簡単かつ素早く無料で作れるのが魅力。

そのため、すぐアンケート調査をしたいときにおすすめです。

マーケティングの実践には、スピードも重要。

それは、リサーチも例外ではありません。

今すぐに、見込み客向けにマーケティングリサーチを行いたいときなどにはGoogleフォームを使うと良いでしょう。

 

シンプルなアンケートやお問い合わせフォームが欲しい時

アンケートの回答に応じた条件分岐など、そもそも高度な機能が必要なければGoogleフォームは十分選択肢に入ります。

シンプルで分かりやすいアンケートや、お問い合わせフォームを簡単に作れるでしょう。

 

とりあえずアンケートやフォームを用意したい時

アンケートやフォームのツールを検討中。

でも、決まるまでに別のツールが必要。

そんな時にはとりあえず無料で使えるGoogleフォームを代わりに使うのもアリです。

【参考】Googleビジネスプロフィールとは?無料の店舗集客ツール

 

Googleフォームで簡単にアンケートやフォームを作ろう

この記事では、Googleフォームの特徴や評判をお伝えしました。

とりあえず、すぐにアンケートを作って調査したいとき、Googleフォームはかなり便利です。

無料で使えるので、ぜひ活用してみてください。

【参考】Googleサービスの墓場とは?テストから小さく始める手法を

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. 勤務間インターバル制度
  2. ハイブリッド勤務
  3. フレックスタイム制
  4. 後継者育成
  5. 下請法
  6. 個人事業主が値上げ
  7. サバティカル休暇
  8. DEI
  9. アサーション

おすすめの記事

  1. 海外製ツールの値上げ
  2. 下請法
  3. ホワイト企業
  4. 詰め替え用の方が高い
  5. 失業給付金
  6. Shopifyエンジニア
  7. YouTube
  8. 不動産投資で節税
ページ上部へ戻る