行事の活用で売上爆増?プロモーションのアイデア3選

1年を通して、様々な行事があります。

日本には四季があるおかげもあり、様々なイベントたくさんあります?

もし、これらのイベントに乗っかることで、簡単に売上を増やせたら良いと思いませんか?

この記事では、行事を活用したプロモーション企画が成功しやすい理由と、参考にできる3つのプロモーションアイディアをお伝えします。

【参考】クイズをマーケティングに!?アメリカで流行中の手法を紹介

 

行事

 

 

行事を活用したプロモーションとは?

行事を活用したプロモーションとは、何かしらの行事・イベントに乗っかって、商品やサービスに興味を持ってもらい、販売することです。

カレンダーに書かれている定番の行事から、個人的なイベントをきっかけとしてプロモーションを実施します。

例えば、

  • スーパーやケーキ屋さんがバレンタインの時にチョコをたくさん売る
  • クリスマスの時に店の前でケーキを売る

というのはその典型。

ビジネス系の商品・サービスでも、

  • バレンタインキャンペーン
  • クリスマスセール
  • ブラックフライデーキャンペーン
  • 〇周年記念

といった事例はたくさんあります。

そして、このような行事に乗っかるプロモーションは成功しやすい傾向にあるのです。

【参考】心理効果を知り使いこなす!マーケターの必須テクニック9選

 

行事を活用したプロモーションが上手くいく3つの理由

では、なぜ、行事・イベントに乗っかるとそうでないプロモーションより成功しやすいのでしょうか?

これには、大きく3つの理由があるとされます。

 

1. 人は基本的にお祭・イベントが好きだから

性格にもよりますが、基本的に人は祭りごとやイベントが好きです。

古代から伝統行事として続いている催しも引き継がれています。

また、善し悪しは別として、コロナ禍でもイベントに行きたい人は大勢いました。
それくらい、人は行事やイベントが大好き。

そのために行動することも多いです。

イベント・行事というだけで、興味・関心を持ってもらいやすくなります。

 

2. 特別な行事にはお金を払いやすくなるから

お祭りの屋台で、普段より高くてもついつい買ってしまうことはありませんか?

もしくは、特に欲しく無いのに、「お祭りだから」と、ついクジを引いてしまったことはありませんか?

それと一緒で、人は特別な行事・非日常体験の時には、お金を払いやすくなります。

これは、単なる同僚圧力ではありません。

  • 金曜日に一週間頑張ったから美味しい料理を買う、食べる
  • 映画館でちょっと高いポップコーンを買う

といったことと一緒で、その人が「特別な出来事」と思うとお金を払うのです。

行事・イベントは、人を集めるだけでなく購買そのものを促します。

 

3. 理由があるだけで人は行動するから

「イベントがある」ということだけで、利害を超えて行動する性質が人間にはあります。

実は「理由があるだけで人は行動する」ことは、心理学の実験で既に証明されています。

影響力の武器にも事例で書いてあるエレン・ランガーのコピー機実験がそのよい例です。

これは「コピー機を使おうと並んでいる人に声をかけて順番を譲ってもらう」という実験。

言葉を変えて実験し、譲ってくれた確率を調査しました。

結果として、譲ってくれた確率は以下のようになりました。

言葉確率
先にコピーをとらせてもらえませんか?60%
先にコピーを取らせてもらえませんか?急いでいるので94%
譲ってくれませんか?コピーを取りたいので94%

この実験結果から、分かったことは何でしょうか。

理由の中身ではなく「~ので」という「理由の存在そのもの」が行動のトリガーになることが分かったのです。

しかも、これは互いの損得・合理性関係なしに作用することが度々あります。

コピー機の例でも、

  • 「急いでいるので」
  • 「コピーを取りたいので」

で確率は変わっていません。

イベントを活用したプロモーションにも応用可能

イベントを活用したプロモーションの場合でも、イベントの存在自体が購入や来客を促す理由になるのです。

例えば、

  • 誕生日なのでこれ安く売ります
  • バレンタインデーなので感謝を込めてこれを売ります

とすると、実際の商品の必要性や中身以上に、誕生日やバレンタインデーという理由から、購入に繋がることが多くなります。

以上の3つの理由から、行事を活用したプロモーションは成功しやすいと考えられるでしょう。

【参考】BtoBマーケティングとは?実践の流れや主な手法を解説!

 

おすすめの行事プロモーション3つのアイディア

以上、行事を活用したプロモーションが効果的な理由を解説しました。

最後に、行事を活用したプロモーションのアイディアを3つご紹介します。

 

1. 顧客の誕生月

顧客の誕生月に合わせて割引や特別なサービスの追加など、その人限定のオファー(取引条件)を決めて、セールを行うというアイディアになります。

これは、美容院や飲食店など、顧客との距離が近い店舗系のビジネスで特に有効。

誕生日をお祝いされて喜ばない人はいません。

特に、大人になると誕生日を祝ってもらいにくくなるので、かなり歓迎されます。

そして、誕生月が極端に偏ることは少ないというのもメリット。

毎月、ある程度決まった数を集客ことが可能です。

 

2. 年末年始

年末や年始に後押しするように売るアイディアです。

これは、特にビジネス系の商品・サービスや、自己投資系の商材に有効。

相手にとってかなり条件の良い取引にすると、年末年始だけでなく長期的に付き合ってくれる優良顧客になることもあります。

また年1回だけ実践できるというのもポイントです。

1年のうち1回だけであれば、こちらが多少不利でも勝負しやすく、限定性も生まれます。

また、新規顧客の開拓だけでなく既存顧客へのサービスを販売・提供したい場合にも有効な施策になるでしょう。

 

3. 自分の誕生日(自社の○周年記念)

  • 会社が長く続いている
  • 自分自身のキャラクターで売っている

のならこのアイディアは有効かもしれません。

特に、コンサルタントなどの個人起業家にとっては実践しやすい方法になります。

  • 「自分の誕生日なので、この商品を特別な条件で売ります」
  • 「会社が創立5周年を迎えたので、このサービスを〇〇%Off!」

ある種、個人的な理由にも見えなくもありません。

しかし、お伝えした通り、「理由の存在」だけで行動を引き起こす効果があるのです。

また、毎年できるという点でも、取り入れたいアイディアになります。

【参考】えっ、何で?「詰め替え用」がなぜかボトル入りより高い理由

 

行事に乗っかって売上を増やそう

この記事では、行事を活用して売上を増やすためのプロモーション企画が効果的な理由と3つのアイディアを解説しました。

ここで紹介したアイディア以外にも、色々な案が思いつくでしょう。

また、ビジネスの業種から注目すると、ぴったりの行事を見つけられるでしょう。

例えば、子供向けのビジネスならひな祭り・子供の日などを活用するとより効果的。

慣れてくると、他の会社が真似できないすごいアイディアを考えることができますよ。

例えば、

  • 「その会社で表立って活躍していた人が退職する」ということでセールを行った事例
  • 「オフィス移転にお金がかかりすぎた!」的なハプニングを活用している事例

などがあります。

行事やイベント、出来事を活用して、売上や利益を増やしましょう。

【参考】無料レポート配布は効果ある?HubSpotに学ぶリード獲得事例

関連記事

最新の記事

  1. 不動産取得税
  2. 定期借家契約
  3. 融資審査に落ちた
  4. シェアハウス投資
  5. 賃貸経営の差別化戦略
  6. 不動産小口化商品
  7. これからのオフィス
  8. 出口戦略
  9. 融資面談
  10. オフィスビル

ピックアップ記事

  1. 非広告型
  2. オフサイトミーティング
  3. リストラ
  4. monday.com
  5. 正社員は不要
  6. WordPressの代行・サポート
  7. リスキリング
  8. 開業届
  9. TeachableのBundle
  10. 時代遅れの社内ルール

おすすめの記事

  1. 有料のキャリア相談
  2. 退職代行
  3. フレックスタイム制
  4. エンプロイージャーニーマップ
  5. パラレルキャリア
  6. 取り込み詐欺
  7. 一般社団法人
  8. VR
  9. TwitterProアカウント
ページ上部へ戻る