PicMonkeyの評判や特徴は?Photoshopと比べてどう?

Webサイトのバナーやブログの見出し画像などに、写真を使う機会は結構あると思います。

ただ撮影した写真をそのまま使うだけでなく、適切な編集をすれば、見た目の印象を変えることが可能。

そんな写真編集に向いているデザインツールがPicMonkey

この記事では、PicMonkeyの評判や特徴をお伝えします。

【参考】バナー外注不要に?無料で使えるデザインツールCanvaとは?

PicMonkey

 

PicMonkeyとは

PicMonkeyは、写真編集に強いデザインツールです。

サイズ変更、トリミングなどの簡単な編集機能から、背景の削除や風景にだけエフェクトを加えるといった高度な表現も簡単かつ素早く実現してくれます。

また、AmazonGoogleDELLといった巨大な企業からも信頼されているツールです。

そして、料金は、無料トライアルが7日間。

トライアル終了後は、最低でも毎月7.99ドルかかります。

低コストで写真を活用して、ブログやSNS、画像素材を作成したい起業家・社長におすすめです。

【参考】Venngageの評判や特徴は?ビジネス向けデザインツールを解説

 

PicMonkeyの特徴は?

ここからは、PicMonkeyの具体的な特徴を見ていきます。

 

自由自在に写真を編集

高度な編集が素早く簡単にできるのが最大の特徴と言えるでしょう。

トリミング、レタッチ、文字入れなどの基本的な編集は当然。

顔写真のしわ除去、背景を取り除く、など高度な編集も可能です。

このツールがあれば、外部委託しなくても、自社で優れた素材を作ることが可能です。

自由自在に写真を編集して、ビジネスに活かしましょう。

 

用途に合わせた豊富なテンプレートと素材

用途に合わせた豊富なテンプレートや素材を活用することができます。

YouTubeのサムネイル用やFacebook用のカバー画像など、ビジネスで活用する素材を短時間で製作可能です。

また、自分で写真を用意しなくても、豊富な写真素材ライブラリを活用できます。

 

スマホと連携してより便利に

スマートフォンアプリがあり、連携することで便利に利用できます。

  • パソコンで編集した画像をスマホで活用
  • スマホで加工した写真をパソコンで活用

といったスマートな使い方もできます。

外出先で撮った写真を簡単に編集し、活用しましょう。

 

PicMonkeyをPhotoshopと比較すると?

では、同じ写真編集ツールであるPhotoshopと比較するとどうでしょうか?

Photoshopは多機能かつ本格的で、使いこなすことができれば自在に写真を編集できるでしょう。

ただし、その分覚えることも非常に多く、ある程度時間をかけないと上手に活用することはできません。

一方で、PicMonkeyはデザインに関する知識やスキル、経験が無くても使いこなすことが容易です。

そして、価格も安価です。

Photoshopに比べると、編集の幅は狭まるかもしれません。

しかし、ビジネスでの活用は、これで充分と思う方も多いでしょう。

フリーランスのクリエイターとして画像や写真の編集を請け負う場合は、Photoshopが良いかもしれません。

しかし、自社のビジネスだけで使う場合は、PicMonkeyも良いかもしれませんね。

【参考】無料でこだわりの画像編集ができる!Pixlr Editorを紹介!

 

PicMonkeyの評判は?

写真の加工・編集に優れているPicMonkey。

では、実際の評判はどうなのでしょうか?

海外のレビューサイトG2.comでの総合評価点は、5点満点中4.4点と平均よりかなり上の評価です。

ITツールやソフトウェアを評価しているCapterraでも、 5点満点中4.5点と高い評価を獲得しています。

テンプレートの豊富さと直感的な操作で画像が編集・作成できることが高い評価につながっています。

逆に、不満点では、

  • 有料でないと広告が挿入される
  • 試用期間の短さ
  • 価格の高さ

に対して不満の声が見受けられた他、

  • 「テンプレートのサイズが異なる」
  • 「大きいサイズのアップロードがうまくいかない」
  • 「画像をまとめてアップロードできない」

といった機能面の不満がいくらか確認されました。

 

PicMonkeyの実際のレビューを見てみよう

評価している点は?

“PicMonkeyには、私が始めるのに役立つ多くのテンプレートがあります。

(私はデザイナーではありませんが、私が働いている非営利団体のすべてのデザイン作業を行っています。)

複数のブランドキットをアップロードできるのが好きで、それがいかにユーザーフレンドリーであるかが好きです。

完成した作品のダウンロードも非常に簡単です。”

-ハイジL マーケティング・マネージャー(翻訳)
https://www.g2.com/products/picmonkey/reviews/picmonkey-review-4707565

“このプログラムについて私が嫌いなことはあまりありません。

ダウンロードは不要で、さまざまなフォントとテンプレートが用意されています。

直感的なデザイン機能で簡単に使用でき、常に進化しています。”

-コニーS コンテンツフルフィルメントエージェント(翻訳)
https://www.g2.com/products/picmonkey/reviews/picmonkey-review-3787711

不満点、問題点は?

“無料ですが、広告により成り立っているため、UI全体に広告があります。

これらの広告は時々本当に迷惑になることがあります。

そしてこれらの広告には時々本当に気を散らされます。

広告なしのバージョンは、プレミアムメンバーシップでのみ利用できます。”

-シカD マーケティングコンサルタント(翻訳)
https://www.g2.com/products/picmonkey/reviews/picmonkey-review-4613985

“購入を確約する前に、7日間の試用期間しかありません。

もう1つの欠点は、一度に1つの画像しかアップロードまたはダウンロードできないことです。

複数の写真をテンプレートにアップロードしようとしている場合、例えば30枚の全てを一度に選択するオプションはありません。

この機能を修正する必要があると思います。”

-ミシェルA 仕立屋(翻訳)
https://www.capterra.com/p/238721/PicMonkey/

PicMonkeyで写真を効果的にビジネスに活かそう

この記事では、PicMonkeyの特徴や評判について解説しました。

試用期間の短さや価格で評価が下がっている一方、ノンデザイナーでも直感的な操作でクリエイティブが作成できる使いやすさとテンプレートの豊富さが評価されています。

ぜひ、試してみてくださいね。

関連記事

最新の記事

  1. わかりやすい文章
  2. パワハラ防止法
  3. 後継者育成
  4. 転職エージェントの裏事情
  5. 週休3日制
  6. 内定保留
  7. 日本ではマイナー
  8. オウンドメディア
  9. 大企業病
  10. プライベートカンパニー

ピックアップ記事

  1. GDTの法則
  2. PicMonkey
  3. WordPressの代行・サポート
  4. ドライな職場
  5. 賃貸経営のメリットとリスク
  6. メタ思考
  7. 個人事業主の経費
  8. Typeform
  9. 働き方改革の成功事例

おすすめの記事

  1. Canvaで動画
  2. インターン
  3. 有給休暇義務化
  4. Teachabledeでオンラインサロン
  5. リードジェネレーション
  6. 無人販売
  7. TwitterProアカウント
  8. 社債
  9. ウォーキングアプリ
  10. 海外のマーケティング
ページ上部へ戻る