太陽光発電が土地活用として注目されるワケとその魅力

土地活用と言うと、マンションの賃貸経営や駐車場経営などがまず思い浮かびます。

しかし、最近では、太陽光発電も人気を集めている事業の一つ。

最近、色々なところで太陽光パネルを見るようになりましたね。

ここでは、太陽光発電が人気を集めている理由や、土地活用として太陽光発電を始める魅力や注意点について解説します。

【参考】ワンルームマンション投資で素人がハマる意外な落とし穴5選

 

太陽光発電

 

太陽光発電が、今、必要とされている理由

気候変動、温暖化、エネルギー資源の枯渇問題への懸念。

これらを踏まえて、太陽光や風力、バイオマスといった再生可能エネルギーの生産、活用が、政府、企業を含めて、拡がりを見せています。

中でも、注目されているのが太陽光発電。

新たな土地活用の手段の一つとして注目を集めています。

そして、太陽光発電は、ビジネスとして利益を得られるだけではありません。

電力の自給自足や国内におけるエネルギーの安定供給にも貢献できる意義のある事業です。

 

太陽光発電で利益を得られる仕組み

しかし、そもそもなぜ、発電するだけで利益が得られるのか疑問を持つ方もいるでしょう。

その仕組みは、非常にシンプル。

再生エネルギーの固定価格買取制度、通称FIT制度によって、発電した電力を電力会社が買い取ってくれます。

一般住宅の屋根に取り付けるタイプの太陽光パネルを用いて発電する場合、発電した総電力のうち、家庭での使用分を差し引いた分が収益化の対象となります。

しかし、専用の土地を購入し、規模を大きくすれば、それだけ多くの収益を見込めます。

【参考】アパート経営の失敗パターン5つと対策!安易な手出しは危険

 

土地活用として行う太陽光発電の魅力

それでは、個人が土地活用として太陽光発電を始める魅力について見ていきましょう。

 

1. 稼働率を一定に保ちやすい

太陽光発電が土地活用として魅力的な理由の一つとして、稼働率を一定に保ちやすいことが挙げられます。

確かに、天候や季節ごとの日照時間の違いによって発電量は異なります。

しかし、全く発電できないといった状況に陥ることはありません。

賃貸経営は、入居者の有無によって稼働率が変わりやすいもの。

特に、小規模経営だと、ゼロになることもあるのです。

その点、太陽光発電は優れているのです。

 

2. 人的なトラブルが発生しない

太陽光発電は、一度専用設備を設置してしまえば、あとは無人で勝手に収益が発生します。

そのため、賃貸経営で見られるような入居者からのクレームや入居者同士のトラブル、人的事故の発生などに巻き込まれる心配も無用です。

 

3. FIT制度で20年間の安定利益を得られる

また、FIT制度で20年間、安定的に利益を得られことも太陽光発電の魅力の一つです。

一般住宅の屋根にパネルを設置する場合、住宅用の制度が適用され、買取期間は10年間となります。

また、投資目的で遊休地を利用して行う場合(10Kw以上の発電設備)は、事業用に分類されることから、その適用期間が20年になります。

 

4. 持続性がある

言うまでもなく、太陽光発電において電力を生み出すための資源は、専用のパネルと太陽光のみ。

石油や化石燃料とは異なり、枯渇性の資源を必要としません。

そのため、事業そのものに持続可能性があると言えます。

半永久的にエネルギーを生み出し、収益を得ることができるのです。

【参考】遊休地を有効活用する上で考えるべきポイント4つと注意点3つ

 

太陽光発電の注意点

太陽光発電には多くの魅力がある一方、始めるにあたりいくつか注意点もあります。

 

1. 設備投資費用、初期費用は高額になりがち

まず、事業を始めるにあたっての設備投資、その他初期費用が高額になってしまうことです。

これはもちろん、土地の広さ、パネルの設置台数によって異なります。

しかし、土地代、設備代トータルで1,000万〜2,000万はかかるケースがほとんど。

それを回収するまでにも時間がかかります。

当然、イニシャルコストがかかるのは太陽光発電に限った話ではありません。

しかし、金融機関の利用も含め、あらかじめ調達手段を検討しておきましょう。

 

2. 経年劣化、自然災害による設備の故障のリスク

また、経年劣化や自然災害による故障のリスクも少なからず伴います。

太陽光パネルを含む発電設備は、日常的な雨風などには十分耐えられるでしょう。

しかし、落雷や地震、台風による設備の故障はよくあることです。

設備の一部だけならそれほど費用もかかりません。

しかし、被害の規模が大きいと、それだけ費用負担も増えてしまうのです。

 

3. 近隣住民への配慮が必要

太陽光発電は、賃貸経営のように、入居者などの関係者による直接的なクレームやトラブルは発生にくいもの。

しかし、設備の設置にあたっては、近隣住民への配慮が必要となります。

  • パネルの設置によって大きく景観が損なわれる
  • 日光の照り返しによって近隣住民に迷惑をかけたりする

といったこともあるためです。

また、一部の自治体では、太陽光パネルの設置に関して規制を設けているところもあるため注意が必要です。

【参考】一歩踏み出す前に知るべき賃貸経営のメリット5つとリスク4つ

 

太陽光発電で土地を活用しよう

特に人の往来が少ない郊外にある遊休地を土地活用するのであれ、太陽光発電は最適。

国策、環境問題にも貢献できる事業であるのも魅力です。

土地活用の選択肢の一つとして前向きに検討していきましょう。

【参考】不動産投資詐欺の主な手口4パターンと騙されないための対策

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. 3M
  2. Webマーケティングクイズ
  3. Z世代のトリセツ
  4. スノッブ効果
  5. 未払残業代
  6. タスク管理ツールといっても用途や目的ごとに様々な種類があります。ビジネスを効率よく動かすにはタスクやプロジェクトの管理が欠かせません。選び方を間違えると効果が出ないことも。この記事では、タスク管理ツールの種類と選び方、おすすめのツールを紹介します。
  7. ストックオプションの種類
  8. CV率

おすすめの記事

  1. テキストコミュニケーション
  2. 社内フリーランス
  3. ハラスメントの事例
  4. カスタマーサクセス
  5. ホワイトぺーパー
  6. 開業届
  7. Venngage
  8. インフィード広告
  9. セルフブランディング
ページ上部へ戻る