転職でハローワークは役に立つ?行くべき理由と注意点

人材の流動化が進み、かつてないほど、転職する人の数は増えています。

一つの会社に縛られ続ける必要性が薄れたのは、良いことかもしれません。

転職活動を進める際には、求人サイトを見たり、エージェントを利用したりする人が多いでしょう。

しかし、まずは、ハローワークにいきましょう。

「転職でハローワーク?」

「あまり役に立たないと聞くけど?」

という人もいるかもしれません。

ここでは、知らないと損する、転職の初心者必見、転職でハローワークを活用するメリットや、注意点について解説します。

【参考】再就職手当を貰って起業する「そんなのアリ?」な裏技を紹介

 

転職でハローワーク

 

転職でハローワークは使えるか

公共職業安定所、通称、ハローワーク。

ハローワークは、仕事を探すための施設、という印象が強いかもしれません。

しかし、求人情報の提供以外にも、求職者が利用すべきサービスを色々と提供しています。

特に転職希望者は、民間の転職エージェントや、求人サイトだけで転職活動を済ませてしまう人が多いかもしれません。

しかし、上手にハローワークを活用することで、転職に向けて万全な準備を整えられたり、スムーズに再就職先が見つかったりすることがあるのも事実。

一見縁がないと思えるような人でも、積極的に利用すべき施設だと言えるのです。

【参考】ハローワークはどう?縁故最強?紹介会社は?転職方法を比較

 

転職でハローワークを活用すべき理由

では、転職を検討している人がハローワークを利用することでどんなメリットを受けられるのでしょうか。

具体的に、いくつか見ていきましょう。

 

地元の求人が多い、地元での転職に強い

一番のメリットは地元、特に地方の求人数が民間のエージェントよりも圧倒的に多いこと。

大企業ならともかく、地方の会社は、多くの場合、採用にコストをかけていません。

求人情報誌やエージェントを使うと、企業にとっては、とにかく高くついてしまうのです。

そのため、無料で使うことができ、

「とりあえず求人出しておくか」

というノリで出せるハローワークには、多くの求人が集まるのです。

 

失業手当を受給できる

社会人をしていると、色々なことがあります。

  • 転職や再就職したいけどなかなか仕事が見つからない
  • 諸事情ですぐには働けない

という状況に陥った場合、一定期間無職になるため、生活面が心配にあります。

しかし、一定の条件を満たしていれば、失業後すぐにハローワークに出向き、所定の手続きを済ませることで、失業給付金を貰えることがあります。

失業給付があれば、生活は何とかなるため、精神的な余裕が生まれるでしょう。

 

キャリアカウンセリングや面接練習などのサービスを無料で受けられる

特に初めて転職する人の中には、まず何から始めたら良いか分からない人もいるでしょう。

なかなか相談できず、一人で悩みを抱え込んでしまう人も少なくないようです。

そんな時、ハローワークに行けば、

  • 自分の適性を知るためのキャリアカウンセリング
  • 面接練習
  • ビジネスマナーのレクチャー

など、転職に必要となる手厚い支援やサポートを、誰でも無料で受けることができます。

 

職業訓練を受けることができる

転職を検討されている方の中には、

  • 「これまでとは異なる分野で働きたい」
  • 「新しいことにチャレンジしたい」

と考えている人もいるでしょう。

ハローワークでは特定の資格やスキル取得を目的とした公的職業訓練も実施しています。

機械系から、ファッション、Web、介護、営業に至るまで、幅広いスキルを学べます。

(※地域によって異なるので、どのような講座があるのか要チェック)

それらを取得してから転職をするのも一つの手段です。

テキスト代は自己負担となりますが、受講は基本的に無料。

なんと、失業給付を受給しながら、学ぶこともできるんですよ。

【参考】実はブラック?転職サイトの求人の危険フレーズ3つと回避策

 

ハローワークを利用する際の注意点、デメリット

先に述べた通り、多くのメリットがあるのは事実。

しかし、気をつけなければならないことや、デメリットもあります。

 

民間エージェントの方が効率的な場合も

ハローワークは、漠然とした動機で転職を検討されている方にとっては魅力的な施設。

しかし、

  • やりたいことや行きたいところが絞られている
  • 転職先企業の目星がついていたりする

という方にとっては、逆に効率が悪くなってしまうことがあります。

ある程度方向性が決まっているのであれば、最初から民間の転職エージェントを利用した方が、より的確なアドバイスや支援を受けられる可能性が高いと言えるでしょう。

 

待遇の良くない案件が多い

ハローワークは、求人情報の量が一般的な求人サイトよりも圧倒的に多いです。

しかし、無料で使える分、待遇の良くない案件も多いのがデメリットの一つです。

公的なサービスだけに、労働基準法違反や法令遵守のチェックは徹底して行っています。

そのため、ブラック企業など、違法な求人が紛れ込んでいるということはほとんどありません。

しかし、違法にならないギリギリの給与、待遇の案件が大半だったりします。

待遇の良い案件や、平均以上の年収を期待するのは難しいかもしれません。

【参考】ポテンシャル採用とは?経験の浅い若手向け中途採用枠を紹介

 

 

転職でハローワークを活用してみよう

転職でハローワークを活用するのは、デメリットもありますが、メリットもあります。

特に、失業給付や、職業訓練を受けられるのは、ほとんどの人にとってメリットのはず。

一方的な悪評に振り回されず、上手に活用しながら転職活動を進めていきましょう。

【参考】社内転職制度とは?メリット、デメリットと運用のポイント

関連記事

最新の記事

  1. 不動産投資に資格
  2. 経年劣化、通常消耗、特別消耗
  3. 短期賃貸
  4. 固定金利と変動金利
  5. 家賃債務保証
  6. 再建築不可物件
  7. 駐車場経営
  8. 不動産投資でカモ
  9. 家賃の値下げ交渉
  10. 木造・鉄骨造・RC造

ピックアップ記事

  1. Basecamp
  2. CanvaでマンガLP
  3. リカレント教育
  4. リードジェネレーション
  5. 転勤のデメリット
  6. 副業Udemy講師
  7. SNSを採用活動に
  8. チャットボット
  9. ダイバーシティ&インクルージョン

おすすめの記事

  1. 地雷クライアント
  2. 開業届
  3. ライター向けフレームワーク
  4. 限定正社員
  5. ホラクラシー
  6. スマート農業
  7. マイクロ法人
  8. UGC
  9. 集中ブース
  10. 海外製ツール英語
ページ上部へ戻る